記事
エンタメ・芸能
アニマル・癒し
ディズニー
生活・暮らし
人気・急上昇
新着
ライン・漫画
ジブリ
全部
    
二階堂ふみ主演ドラマの相手役に韓国人俳優抜擢 その狙いと新トレンドになる可能性
2024/01/22

 テレビ各局が冬ドラマをスタートさせる中、注目を集めるのが『Eye Love You』(TBS系)だ。二階堂ふみ(29才)主演のラブストーリーで、相手役を務めるのが韓国人俳優のチェ・ジンヒョプ(30才)。韓国人俳優が民放ゴールデン・プライム帯の連ドラでヒロインの相手役を務めるのは初めて。その狙いとは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 23日22時からドラマ『Eye Love You』がスタートします。

 同作は心の声が聞こえる“テレパス”の本宮侑里(二階堂ふみ)が主人公のファンタジック・ラブストーリーと予告されていますが、最大の注目は相手役を韓国人俳優が務めること。

 これは民放ゴールデン・プライム帯の連ドラで初の試みであり、演じるチェ・ジンヒョプさんが日本ドラマ初出演であることも含め、思い切った戦略と言っていいでしょう。

「ラブストーリーの相手役に韓国人俳優を起用」という戦略は何を意味し、どんな反響や影響が考えられるのでしょうか。

 韓国人俳優の起用は女性層を狙ったものであることは間違いなく、ラブストーリーであればなおのこと。若手スターのチェ・ジンヒョプさんを起用したところに、「韓国ドラマが好きな人はもちろん、それほど見ない女性層も引きつけたい」という意図が感じられます。

 ただ実際のところ、まだ韓国人俳優の人気はK-POPアーティストほど幅広い層の人々には広がっていません。

広告

Netflixなどで韓国ドラマを見ている人の割合はドラマ視聴者全体から見ればかなり少なく、有料配信サービスのため、基本的に年齢層は高め。若年層女性における韓国人俳優の浸透度や人気は、まだK-POPアーティストほどはなく、TBSとしても「未知の戦いに挑む」「実験的な作品」というニュアンスがあります。

 しかし、「若年層女性は韓国人俳優のなじみが薄い」ことは決してネガティブとは言えず、むしろTBSにしてみれば「勝算あり」なのかもしれません。実際、「なじみが薄い」という未知の人が多い分、先入観なく好イメージを持たせやすく、顔と名前を知る日本人俳優にはないフレッシュさを感じさせることも可能でしょう。

 だからこそ重要なのはジンヒョプさんが演じる役柄。彼が演じるユン・テオは、「日本の大学で絶滅危惧動物の研究をする韓国人留学生で、宅配デリバリーのアルバイトをしている際にヒロインの侑里と出会う」という設定が予告されています。

 さらにジンヒョプさんの好感度を高めそうなのは、「他人の心が読めてしまうため自分の本音をさらけ出せず、恋愛にも臆病になっていた侑里の閉ざされた心を、太陽のように明るくストレートなテオが溶かしていく」というストーリー展開。

 予告映像にも侑里に向けて、「そこのキョロキョロしてるかわいい人!」「会えてうれしいです」「ご飯食べましょう」「僕のことは好きですか?」などと話しかけるシーンがあり、制作サイドが韓国人らしいストレートな愛情表現で女性層を引きつけようとしている様子がうかがえます。

 また、演じる役柄が受け入れられれば、ジンヒョプさん自身が持つ魅力にもスポットが当てられるでしょう。彼の主な持ち味は、186cmの長身と「クリーミースマイル」と言われる愛くるしい笑顔。その点、二階堂さんとの身長差30cmのギャップや、不慣れな現場で笑顔を絶やさず懸命に日本語を学ぼうとする姿などが好意的に受け止められる可能性は十分ありえそうです。

 そんなジンヒョプさんを二階堂さんは、「天真爛漫で優しい。素直に救われる瞬間がたくさんある」「見てくださる方々にとってのオアシスになるんじゃないかな」などと語っていました。

 韓国人俳優やジンヒョプさんの魅力を生かすような物語をオリジナルで手がけ、しかもじっくり年月をかけて育て上げた“ラブストーリー枠”の「火曜ドラマ」で放送することなど、さまざまな点からTBSの意欲を感じさせられます。その他でも、物語の中で韓国料理やチョコレートなどもフィーチャーされるようであり、それを目当てに見るという女性層もいるのでしょう。

 もし今作が成功したら、ラブストーリーに限らず今後のドラマシーンに韓国人俳優が起用される機会が増え、早ければ来年、再来年のトレンドになる可能性もありそうです。

 昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』がそうだったように、K-POPアーティストが日本の音楽番組に出演することが当たり前のようになりました。韓国人俳優もそれに続く可能性は『Eye Love You』とジンヒョプさんにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

広告

その意味でスタッフと彼にとっては、やりがいのあるチャレンジになりそうです。

 ただ、今冬は『君が心をくれたから』(フジテレビ系)、『婚活1000本ノック』(フジテレビ系)、『めぐる未来』(読売テレビ・日本テレビ系)、『不適切にもほどがある』(TBS系)、『正直不動産2』(NHK総合)と、『Eye Love You』を含めて計6作ものファンタジードラマがあり、そのうち4作がラブストーリー。制作サイドが「相手役に韓国人俳優を起用した」という最大のトピックスをどのように伝え、差別化するのかが成否の鍵を握っているのではないでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

広告

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20240123_1935564.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

トイレの神様でブレイクした植村花菜が消えた理由…業界に見捨てられ8年経った現在・・・!
2024/02/27
侍ジャパンに唯一勝った中日・髙橋宏斗投手の彼女が可愛すぎた!?始球式で共演も「ばっちり交際宣言じゃん」「羨ましいな」
2024/01/31
中村倫也、綾野剛が電撃婚前にしていた”仕事”が全く同じだった!?「佐藤健もしてるよね」「ファンが減るからってこと?」
2024/01/31
篠田麻里子、元夫は結局”カネ目的”だった?あっさりと終わった騒動に物議醸し出す?!「不倫は無かったというテイにした感?」「時系列わからん」「篠田さんの元旦那は胡散臭すぎる」
2024/01/31
木下優樹菜、電車の中で騒いだ次はセ〇シービキニ姿をまさかの迷惑過ぎる”公共の場所”で撮影し非難殺到?!「基本的には写真撮影NGですよね?」「ジムで自撮り痛いね」「やめてくれ」
2024/01/31
【悲報】ローラ、極太鼻毛が写り込む!?下からのアングルで失態か…「太くて立派なものが」「それもかなりの長さ」
2024/01/31
いしだ壱成、植毛手術成功でイケイケな現在。彼女は6人のモテ自慢…「養育費払ってる?」「元嫁と子どもが可哀想」
2024/01/31
工藤静香と木村拓哉に、驚愕の事実が明らかに…新たな子供の存在や実父の正体、8年前からの別居に注目!その妻の壮大な男性遍歴にも驚嘆
2024/01/30
大塚里香が松本人志から受けた「性加害」を10代の頃に告白…解散した「ダウンタウン」で浜田雅功の「ピン活動」の真相に言葉を失う…ヒカルの〝攻めすぎ動画〟に反応した芸人の驚き
2024/01/30
紅白歌手の熟年離婚原因に、両足の緊急手術が関係?水前寺清子の現在の病状に驚愕
2024/01/30