ママの手にかかれば“ご馳走”に早変わり 浅見真紀、一発ツモした牌が裏ドラの超効率的跳満/麻雀・Mリーグ
2024/01/23

広告

で繋げた次局で、ママ雀士の赤坂ドリブンズ・浅見真紀(最高位戦)が“ご馳走”を完成させた。

のプロ麻雀「大和証券2023-24」、第1試合でのことだった。当試合は起家から P・(麻将連合)、・猿川真寿(連盟)、浅見、・東城りお(連盟)の並びで。東1局では浅見が小林に0点を振り込み、東1局1本場では東城が小林から跳満・1万点をアガった。東2局では浅見と小林、東3局1本場では浅見と猿川の流局。「あー、いいですね」。迎えた東3局2本場、浅見は配牌にた。

 ただ、それ以上に配牌がよかったのは猿川で、「形は猿川だ!」と放送席が反応する中、小林が鳴いたこともあってか、チーを駆使して早々に。それでも浅見は丁寧に打ち進めてまで持ち込むと、1・4・7筒待ちの三面張でをかけた。この時点では・平和・ドラ2の満貫で、浅見は見事に一発ツモ。そのツモった1筒が裏ドラとまけまで付き、・一発・ツモ・平和・ドラ2・裏ドラの親跳満・1万0点(+600点、供託点)を成就させた。

 満貫が瞬時に跳満まで昇格するこの一撃には、も「まきどん!」「飛び出した」「!」「やりおった」「まじかー」「はねた!」「チ」「強い!!」「うお」などと上がり。その後も、浅見は南2局1本場で・ツモ。・ドラ・裏ドラの満貫・0点(+点)、南3局1本場で・ドラ2の点(+点、供託点)を加点し、持ち点5万4点で2カ月ぶりの勝利を飾った。

※連盟=、最高位戦=、協会=日本プロ麻雀協会

広告

◆に全7で発足し、-20から全8、2023-24からは全9に。各、男女混成の4人で構成され各96試合(全試合)を戦い、上位6がに進出。各20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4が(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は0万円。
(/麻雀より)

広告

AD
記事