「広い心を持った人間に…」DAIGOの本名にネット驚き「由来も含めてすごく素敵な名前」!
2024/01/22

広告

1月15日放送のバラエティ番組『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)に、ミュージシャンでタレントのDAIGO(45)が出演。そこで本名について語り、ネットで話題となっている。

この日の同番組では、DAIGOの思い出のひとや場所を訪ねていた。そこに小学5年と6年の2年間、DAIGOのクラスメイトだった女性が登場し、出演者であるKis-My-Ft2の玉森裕太(33)や千賀健永(32)、サンドウィッチマンは当時の卒業アルバムを見せてもらうことに。子供時代のDAIGOの写真を見て、伊達みきお(49)は「ヤンチャな感じだね」「かわいいね」と言い、富澤たけし(49)も「やっぱり、ちょっと面影あるなぁ」と述べた。

そんななか注目を集めたのが、DAIGOの本名だ。写真の下には「内藤大湖」と書かれており、伊達は「え、ダイゴって大っきい湖って書くの?」と質問。すると、DAIGOは「そうなんですよ!」といい、こう明かした。

広告の後にも続きます

「大きい湖のように、広い心を持った人間になれって」

さらに伊達が「ご両親がつけたんですか?」と聞くと、DAIGOは「はい」と返答。思わず、伊達は感嘆していた。

伊達が驚いたように、確かに大湖と書いてダイゴと読む名前は珍しい名前のように思われる。そこで両親のネーミングセンスが話題となり、ネットではこんな声が上がっている。

《確かに珍しいとは思いますが、漢字で親の願いがわかる良い名前だと思います》
《由来も含めてすごく素敵な名前だと思いました》
《大きな湖のように広い心を持った人になるように、とのご両親の想いが込められたお名前のとおりの人になられましたね》

広告

AD
記事