記事
エンタメ・芸能
アニマル・癒し
ディズニー
生活・暮らし
人気・急上昇
新着
ライン・漫画
ジブリ
全部
    
【FES☆TIVEインタビュー (前編)】さらに楽しさが増した2024年第一弾シングル「みんなにもぐるぐる回ってほしい!」
2024/01/23

“系”として、もを盛り上げ、を示した。そして、さらに勢いを加速させそうな『祭大革命』を24日にする。前半では、たちにこの新曲への思いを語ってもらった。

--新曲『祭大革命』は先月の DiverCity(YO)でので初披露され話題になっていましたね、

土光瑠璃子「初披露のときからの方が頑張って振りコピしようとしているのが伝わってきて、嬉しくなりました」

髙木「大きなワンマンでの初披露で、しかももう一曲の新曲『』の初披露もあって、ほかにも新しいをやったりと、『〜』だけに集中するというわけにいかなかったので、だいぶ緊張していました」

--らしい、気持ちがアガる楽曲で、歌詞もも含めてさらに楽しさが増した新曲ですね。

青葉ひなり「今回初めてMedansyさんに表題曲を手掛けてもらって……」

--ではMedansyさん提供の楽曲はあったんですよね。

青葉「前作の『』『アンダルサイト』が好評だったので、今回表題曲を書いていただきました。ここ最近の表題曲はと玉屋%さんの楽曲が続いていましたが、今回らしさはもちろんなんですけど、また新しいをこれから見せていけるんだろうという気がしました」

辻こはる「から、すごく盛り上がる曲だなとわかる感があります。歌詞に“終わらない祭いつまでも 繋げ!繋げ!想いを”というがあって、一緒に楽しい空間を作っていこうというが伝わったし、自分たち自身もそういうふうに思っているので、この曲でまた一層盛り上げていきたい! “

広告

の対バンではこれ聴きたいよね”と言われるような一曲になってほしいなと思います」

--ゆくゆくは、でこの曲のが流れたら、“うぉーっ”となるような曲になるかもしれませんね。

「なってほしいです!」

--土光さんはワンマンでの初お披露目のときは?

土光「緊張しました。ワンマン自体もずっと緊張していました。普段あんまり緊張することがないんですけど……」

--前も語ってくれたけど、土光さんはの中では緊張しなさそうな人に見えるけど、ここ一番ではやっぱり緊張してしまいますよね。大きな会場でのとか。

土光「そうなんですよ。大きな会場でお披露目ということもあって、新曲2曲もあるし……。でもやばいと思いながらもお披露目したら、の方もめっちゃ一生懸命に目で追って振りコピを頑張ってくれたので……」

--が先行で出ていたわけでもなく……。

土光「出てなかったです」

--じゃあ、の人は本当に会場で初めて見た?

土光「そうです。掛け声もやってくれたり。細かい掛け声もあるので、さらにいっぱい聴いてもらって、ぜひやってほしいなと思います」

--のではおなじみの、多くのが客席でぐるぐる回ってを作る風景のように、この曲の間奏ではがぐるぐる回っています。

土光「私たちが回っているので、みんなにも回ってほしいですね!」

青葉「今やっているだと規制があって……」

土光「回れない」

--確かにCDの売り場の横とかで回ってると怒られますね。でものがそのために作られている感じがします。

土光「はい、会場ではぜひ回ってほしいです」

--昨年加入の本多さんは今回では2曲作目?

本多「はい」

--前作に比べて慣れましたか? とか。

本多「そうですね。今回は曲が速くて苦戦はしましたが、前回よりは上手にできたと思います」

--曲をもらったときの印象は?

本多「すごく盛り上がりそうだなというのと、宇宙をした感がとてもなと思いました」

--は初披露のときはどうでしたか?

八木「私は結構緊張しぃで、今回の新曲初披露でもやっぱり緊張しました」

--よくで「緊張すると鼻の穴が広がりがち」と言ってくれた。今回も鼻が広がってた?

八木「鼻はいつも広がっています。今回のワンマンではの人による撮影が可能な席があったので、鼻の穴が広がっているところを撮られるわけにはいかなかったので、頑張って縮めていました。今はで何度も歌って慣れてきてなんですが……」

--緊張するから広がる?

八木「緊張するのと、慣れてないと体力的にも疲れるからというのがありますね」

髙木「今回まずワンマンの開催が発表されて、そのが出たときに、『祭大革命』って書いてあって……。そのときは新曲のがこれだと知らなかったので、後日『次の曲のをします』となったときにを聞いて、『あっ、これのことだったのか!』と。最初聴いたときに、Medansyさんの曲っていつも楽しいし、でイマドキという感じので、どの層にも刺さるんだろうなと思って! 現に自分にもぶっ刺さりましたので

広告

。最初のの音から引き込まれて、すごく楽しい曲に仕上がっているなと思いました」

--明るいは髙木さんにぴったりですね。

髙木「私はシンで生きているので! ちょうど自分が歌うところで、“地球代表 ー”というところがあって、っていうし、(自身のの)黄色といえばという感じなので、な曲に自分のことを重ねて歌っているので、すごく楽しい気持ちになります」

--の時にもう一曲披露したというのが曲の『』(-B収録)?

髙木「こっちもMedansyさんによる、耳に残る楽曲です。初披露のとき、振り付けが細かくて難しかったのと、出身者からすると、歌詞の『〜じゃん』という部分が、『えっ、都会に染まっちまってるんじゃねぇか』と思って。『じゃん』という部分が多いんですよ。都会っ子という感じがしました、私からすると」

--大分では「じゃん」ではなく?

髙木「『やけん』とか。いつか大分弁で歌いたいです」

土光「“寂しくなるけん、死んじゃうけん”って?」

髙木「死んじゃうけん」

--ぜひ自分の生誕ででも。

髙木「みんなにも大分弁を覚えてもらって。いいですね!」

--青葉さんが曲で特に気に入ってるのは?

青葉「やっぱり『』。前回のでMedansyさんに作ってもらった2曲が本当に好きで、今回いただいた曲も素敵で“Medansy信者”になりかけているんじゃないかって思って。Medansyさんの楽曲は曲展開がすごく好きで、サビに向けての盛り上がりだったり、本当に構成がすごく好きで、最近っぽいなと感じる部分も多くて……。

『』は言葉が“歌詞すぎない”ところが好き。飾ってない感じの言葉が多く、語尾が、さっき言ってた“じゃん”とかもそうですけど、“しなくちゃ”とか、話し言葉っぽいところが、いろんな人にも刺さりやすいんじゃないかと思います。作り過ぎてない感じがでいいなと思います」

本多「私は『Wah!』(-A収録)が好きです。珍しいというか、の曲では聴いたことがない、お経のとか、速いところとか、も聞き慣れないものが多くて、聴いていて新鮮な気持ちですごく楽しいです」

「私も『Wah!』。歌うのがすごく難しくて、で苦戦しながら録ったので思い入れが深いというか、一生懸命何回も練習して録ったからというのもありますし、やっぱり玉屋%さんの歌詞は一行一行全部“!”と思ったり、おもしろいなと思ったり、いいなと思ったりします。にもがあって大好きです! 今回ならお経の部分とか!」

八木「私は『バズらせ花火』(収録)。作詞のDJ金魚さんには毎回お世話になっているんですけど、私もともとDJ金魚さんが作る曲が好きで、今回速い曲が目立つ中で『バズらせ花火』が唯一ゆったり聴かせるような曲。の方に歌詞にも注目しながら聴いてもらいたい一曲だなと思います」

--エモーショナルで、唯一がっつり恋愛を描いています。

八木「そうですね。歌詞を読み取るのがすごく難しくて、どういう意味なんだろうなと思ったり、新しい発見があったり、疑問に思ったり……。聴く人によっても捉え方が変わる曲です」

髙木「ディレクションをDJ金魚本人がしてくださり、“ここはこう歌って”というこだわりを伝えてもらって、私たち自身も考えながら歌っていました」

--髙木さんも歌詞の意味をしっかり考えたりしながら?

髙木「そうですね。みんなで歌詞の意味を考察したりして。“こう思ってた”といったら、“えっ、こうなんじゃない?”と別の意見が出てきたり、発想が膨らんでいきました」

--土光さんのお気に入りは?

土光「『』です。の強みとか、歌っているときにそういうのが出るのが好きで、感情を込めやすくて、今までにはない表情を見せられる楽しみもありつつ、まだで“こうかなこうかな”って探り中なんですけど、そこもまた見どころかなと思います」

--性を描いている?

土光「強さの中にもちょっと弱いのかなという歌詞もあり、そういうところがいいです」

--ちょっと土光さんに通じるところが?

土光「いや、そんなことないです。強いです!」

--。

土光

--はともかく、見た目は強そうに見られがちかも。

土光「強そうに見られるのはあんまり好きじゃないんですけど、でも見られがちなんですよ」

--も強いんですね。

土光「なんでも、“まぁ、いいや”ってなっちゃうので……」

(たちがの意気込みを語る後編に続く)

(・ティブ)

に“系”として結成。、『』で。国内でのはもちろん、各国をはじめ海外公演も積極的に行ってきた。には初となるYO CITY Lワンマンを開催する。

青葉ひなり(

ひなり) 生まれ、出身。としてに加入。

土光瑠璃子(どこう るりこ)生まれ、出身。にに加入。

八木(やぎ ) 生まれ、出身。にに加入。

髙木(たかき )生まれ、出身。にに加入。

辻こはる(つじ こはる)生まれ、出身。に加入。

本多(ほんだ )生まれ。出身。にに加入。

17th『祭大革命』全曲の含めた先行配信
楽曲配信:s://tjc.lnk.to/

公式サイト

ページ

公式X
s://x./FEVEol?s=20

公式
s://../@FES-TIVE-

「祭大革命」MV

The eared on .

広告

引用元:https://news.nicovideo.jp/watch/nw14214310?news_ref=50_50,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

侍ジャパンに唯一勝った中日・髙橋宏斗投手の彼女が可愛すぎた!?始球式で共演も「ばっちり交際宣言じゃん」「羨ましいな」
2024/01/31
中村倫也、綾野剛が電撃婚前にしていた”仕事”が全く同じだった!?「佐藤健もしてるよね」「ファンが減るからってこと?」
2024/01/31
篠田麻里子、元夫は結局”カネ目的”だった?あっさりと終わった騒動に物議醸し出す?!「不倫は無かったというテイにした感?」「時系列わからん」「篠田さんの元旦那は胡散臭すぎる」
2024/01/31
木下優樹菜、電車の中で騒いだ次はセ〇シービキニ姿をまさかの迷惑過ぎる”公共の場所”で撮影し非難殺到?!「基本的には写真撮影NGですよね?」「ジムで自撮り痛いね」「やめてくれ」
2024/01/31
【悲報】ローラ、極太鼻毛が写り込む!?下からのアングルで失態か…「太くて立派なものが」「それもかなりの長さ」
2024/01/31
いしだ壱成、植毛手術成功でイケイケな現在。彼女は6人のモテ自慢…「養育費払ってる?」「元嫁と子どもが可哀想」
2024/01/31
工藤静香と木村拓哉に、驚愕の事実が明らかに…新たな子供の存在や実父の正体、8年前からの別居に注目!その妻の壮大な男性遍歴にも驚嘆
2024/01/30
大塚里香が松本人志から受けた「性加害」を10代の頃に告白…解散した「ダウンタウン」で浜田雅功の「ピン活動」の真相に言葉を失う…ヒカルの〝攻めすぎ動画〟に反応した芸人の驚き
2024/01/30
紅白歌手の熟年離婚原因に、両足の緊急手術が関係?水前寺清子の現在の病状に驚愕
2024/01/30
【衝撃】鈴木京香の長年の闘病「子宮がん」と事務所の偽り…現在の状況に胸が痛む…『王様のレストラン』の女優、長谷川博己との極秘結婚の真実に驚き!
2024/01/30