田中みな実、元日に熱愛報道の亀梨和也とドラマで共演 4月スタート、テレ朝系「Destiny」
2024/01/23

広告

 女優石原さとみ(37)が主演で、「KAT-TUN」の亀梨和也(37)と初共演する4月スタートのテレビ朝日系ドラマ「Destiny」(火曜午後9時)に大学時代の仲間として田中みな実(37)らの出演が発表された。

 石原が3年ぶりに連続ドラマに復帰する作品。主人公の検事・西村奏(石原)が、大学時代の恋人・野木真樹(亀梨)と12年ぶりに再会し、封印してきた過去と向き合い、父の死の真相などもからめたサスペンス×ラブストーリー。

 田中は親が医者の名家の娘・及川カオリを演じる。ほかには宮澤エマ(35)、矢本悠馬(33)が大学時代の仲間として登場。田中は元日に亀梨との真剣交際が報じられており、2人が同じ作品に出演することで注目を浴びそうだ。

 ロケはキャンパスのある長野県で行われ、ほぼ〝初めまして〟のメンバーはドライブ中に歌を歌うというハイテンションなシーンから撮影がスタートしたという。

 主演の石原は「正直緊張しましたが、お会いしたら一瞬で不安がなくなるくらい、とても仲の良いシーンが撮影でき、5人それぞれの相性の良さにうれしくなりました」、亀梨は「みんな同世代なので、一緒に〝12年前〟という大きな壁に立ち向かいながら楽しんでやれたと思います(笑)」とコメント。

 田中は「いつかご一緒したいと思っていた同世代の素晴らしい役者陣の中に入れていただき、うれしくも身が引き締まる思いでした」と語っている。

広告

AD
記事