「リビングの松永さん」中島健人&高橋ひかる、ベッドで急接近 看病の“反則級行動”に悶絶の声「好きになる」「リアルすぎてドキドキした」
2024/01/23

広告

【プレス=2024/01/24】の中島健人が主演を務める・火ドラ★『リビングの松永さん』(火曜よる~)のが、23日に放送された。中島と(※「高」は正式には「はしごだか」)の急接近に反響が寄せられている。<※記事内あり>



◆中島健人主演「リビングの松永さん」

人気を原作に、さまざまな世代の男女が共に暮らすが舞台となる本作。恋になカタブツの男と、で一生懸命で恋愛「3」のが、時に衝突し、時に助け合う事で互いを認め合い成長していく、ドキドキ年の差ー。

◆中島健人&、で急接近

新しい入居者・北条凌(藤原大祐)を迎えるべく、松永(中島)が歓迎会をやろうと提案するも、凌本人はの主役になるのが苦手で気が乗らない様子。それでも松永は、で歓迎会を決行すると宣言し、さらに当日になって、急遽泊まりでに行こうと言い出した。

広告


そんな中、現地の準備は松永と美己(高橋)で進めることに。2人で準備を終え、後は凌とのの到着を待つだけという状態で待機していると、健太郎(向井康二)から凌が元々を入れていたため連れてこられなくなったという連絡が入り、ネト・大貫朝子からもを振り回していると指摘された松永はを受ける。

そんな様子を見た美己は、松永が張り切って準備したを食べるが無理をしたあまり、食べ過ぎで腹痛に。松永は美己のお腹をさすったり美己が寝ている間ずっと傍で寄り添いながら看病していた。そして、美己につられしていた松永は、起き上がるとその場でつてしまい、で美己に覆いかぶさるような態勢で急接近するのだった。

2人きりの空間で繰り広げられた胸キュン展開や松永の看病に「お腹さすりは反則です…」「これは好きになる」「すぎてドキドキした」「心臓に悪い」など悶絶の声が多数寄せられている。(pr編集部)

情報:・

【 Sso 記事】

広告

AD
記事