乳がんステージ2公表のブラザー・コーン、乳房切除手術が成功「転移もなくリンパも切らずに済みました」
2024/01/22

広告

ブラザー・コーンのインスタグラム(@bro.korn)より

 乳がんを公表した男性デュオ「バブルガム・ブラザーズ」のブラザー・コーン(68)が、23日までに自身のインスタグラムを更新し、左胸の「乳房切除術」を受けたことを報告した。

 21日の投稿で「明日の朝、いよいよ俺が68年間付き合って来た左胸とお別れします」と明かしていたコーン。22日夜に「今日、朝から始まった乳癌(がん)の『乳房切除術』は昼に終わり術後の安静時間、4時間を経て無事、大成功に終わりました」と報告し、寝ている姿をアップ。

 「乳腺外科オペクルーの方々に丁寧に切除していただき、あいにく転移もなくリンパも切らずに済みました」と説明し、「オペクルーの皆様本当にありがとうございました そして全国から応援メッセージをいただいたファンの方々、友達、スタッフ他の皆様にも感謝、感謝、感謝です」と謝意を伝えた。

 「しかし、まだ油断は出来ません。俺の人生は神様の色々な悪戯(いたずら)にまだまだ耐えなければと思っています。笑」とし、「神様 そろそろ良い方向へ導いていただける様な可愛い悪戯をお与え下さい。お願いいたします。笑。」と記した。

 この投稿には高見恭子が「ゆっくり深呼吸」とコメントし、ほかにも「手術お疲れ様でした」「安静にゆっくり身体を休めてください」「バブルガム復活待ってます」などの声が届いている。コーンは昨年8月29日に自身のSNSで、乳がんのステージ2であることを公表し、「乳癌は男性では本当に珍しいらしく、自分でも寝耳に水でした」と吐露していた。

広告

AD
記事