【アジアカップ】「余計なことするな!」闘莉王がダメ出しした森保采配の「未改善」部分
2024/01/23

広告

 0-2で負けたアジアカップイラク戦(1月19日)の採点を、田中マルクス闘莉王氏が自身のYouTubeチャンネルで行った。試合に負けたことでグループリーグ首位通過を逃したとあって、いつも以上に辛口の発言が飛び出した。

 ヤリ玉に上げたのは、森保一監督とコーチ陣。

「色々やってくれた。いろいろ試した、でも一番改善しなきゃいけないところを改善してない。試合見てるか。何のためにあなたたちはタブレットを見てんだ。横の幅が足りないんだ(※編集部注、サイドを使えという意味)。南野(拓実)選手が中に入りすぎなんだ」

 と激しい口調で激怒。さらに後半から谷口彰悟に代え冨安健洋を左センターバックに入れたことについて、代えるべきは板倉滉であり谷口ではないとし、ここでも「ちゃんと試合、見てんのか?」と森保監督を痛烈に批判。センターバックのスタメンを谷口と板倉にしたこと自体に「余計なことするな。板倉と冨安でいい。ごちゃごちゃするとコンビネーションが悪くなる」とバッサリ切ったのである。

 また、ミスの連発で戦犯扱いされている鈴木彩艶については「3点」をつけ(10点満点。基準点は5点)、

広告の後にも続きます

「最初からダメでしたね。あのセンタリングはキャッチできなかったのかと。キャッチできないなら後ろに流す、基本中の基本です。コーチングも不足している」

 とし、自分が森保監督であれば次の試合は起用しないという。

 24日はグループリーグの最終戦のインドネシア戦。勝利を収めて決勝トーナメント進出を決められるのか、闘莉王氏を唸らせるような試合ができるのか注目だ。

(鈴木誠)

広告

AD
記事