TBS「サンデーモーニング」4月リニューアルに不満が噴出する「局アナ排除」の不思議
2024/01/23

広告

 情報番組「サンデーモーニング」をめぐり、TBS局内から不満の声が上がっている。MCの関口宏が世代交代のため、3月末で降板し、4月からはフリーアナウンサーの膳場貴子が担当する。

 関口は1987年の放送スタートから、36年間にわたって出演。そのギャラは1本あたり200万円とも言われる。関口は功労者として称えられ、今年4月からはBS-TBSで新番組を担当する。TBS関係者は渋い顔だ。

「とうに旬が過ぎた関口を、いつまで使い続けるのか。関口とTBSのズブズブの関係に、局内のスタッフからは怒りの声が出ています。そもそも『サンモニ』はキャスティング権を関口サイドに握られ、出演者は関口の事務所のタレントが中心でした。情報番組としては驚くべきことです」

 このTBS関係者は後任の膳場についても、

「アキレている局員は多いですね。地上波の視聴率は全体的にが下がっていて、スポンサー収入が毎年減っています。削れる制作費は削らないといけないのに、自社の局アナを育てることなく外部のフリーアナを起用する意味がわかりません。TBSでは帯の情報番組や大事なニュース番組をフリーアナやタレントに任せてしまう傾向があります。局アナのモチベーションは下がり、ヤル気も低下しますね」

広告の後にも続きます

 夕方のニュース番組「Nスタ」ではホラン千秋がキャスターで、週末の「報道特集」は膳場が担当している。TBSアナは大きな番組の仕事を、外部に取られっぱなしなのである。

(佐藤恵)

広告

AD
記事