堂本剛、中丸雄一の「共通点」旧ジャニタレで流行りそうな「電撃婚報告パターン」
2024/01/23

広告

 このところ旧ジャニーズ事務所の所属タレントの熱愛・結婚が相次いでいる。

 1月11日には「KinKi Kids」堂本剛が「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子と、16日には「KAT-TUN」の中丸雄一が日本テレビの元アナウンサー笹崎里菜さんと結婚を発表。

 これに先立ち、1月1日には「NEWS」の小山慶一郎と「AAA」の宇野実彩子、「WEST.」の桐山照史と元バレーボール女子日本代表の狩野舞子の年内結婚、「KAT-TUN」の亀梨和也とフリーアナウンサーの田中みな実の熱愛が報じられ、17日には「Sexy Zone」の中島健人と元「E‐girs」の鷲尾伶菜の熱愛も報じられた。

「この背景には、旧ジャニーズ事務所のタレントは独立、移籍、あるいは『STARTO ENTERTAINMENT』との契約に移行するので、メディアの熱愛報道を抑えることがなくなったことが指摘されています」(芸能ライター)

 また、結婚を電撃発表した堂本&百田、中丸&笹崎さんの「ある共通点」も注目された。

広告の後にも続きます

「これまで交際を完全に隠し通し、いきなり結婚発表なので、ファンにとってはショックが1回で済んだ。さらに、どちらも結婚報告の文面には定番である『かねてよりお付き合いしていた』というワードがないことも話題に。仮に『かねて―』があると“あのときにはもう付き合ってたんだ”とファンがモヤモヤするので、それを配慮して入れなかったと言われる。アイドルとしてのプロ意識が高いということで、SNS上で絶賛されたわけです」(芸能ライター)

 今後、旧ジャニーズタレントによる「かねて―」なしの結婚報告が増えそうな気もするが、そのためには交際がバレては意味がないので、かなり大変だろう。

(鈴木十朗)

広告

AD
記事