記事
エンタメ・芸能
アニマル・癒し
ディズニー
生活・暮らし
人気・急上昇
新着
ライン・漫画
ジブリ
全部
    
麦わら大船団による「一大事件」勃発の予感! 新章でマリンフォード頂上戦争のセルフオマージュが描かれる可…
2024/01/23

『ONE PIECE』107巻(尾田栄一郎/集英社)

1月22日発売の『週刊少年ジャンプ』8号に掲載された『ONE PIECE』の最新話が、激動の展開によって注目を浴びている。本編で三度目となるバスターコールの発動が描かれたのだ。この先、作中最大規模の“頂上戦争”が控えていると予想する読者も多い。

【関連】 ほか

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

娘であるジュエリー・ボニーのピンチに、突如として駆け付けたバーソロミュー・くま。第1104話『ありがとう、お父さん』では、くまの拳が五老星のジェイガルシア・サターン聖を吹き飛ばす場面が描かれた。

くまの身体にはDr.ベガパンクによって「完全停止スイッチ」が埋め込まれていたため、サターン聖がボタンを押した際、意志を失った植物状態になっていたはずだという。しかしベガパンクですら理解できない理屈によって、くまは未来島エッグヘッドへとたどり着いた。

激しい怒りに駆られたサターン聖はくまを攻撃するが、「麦わらの一味」のサンジとフランキーがすかさず乱入。混戦する戦場にて、エッグヘッドもろともすべてを焼き尽くすバスターコールが発動される──。

広告の後にも続きます

広告

バスターコールといえば、海軍将校たちや多数の軍艦が集結し、目標のせん滅を図る世界政府の最終手段。これまで本編においては、ニコ・ロビンの故郷であるオハラと、エニエス・ロビーに対する二度のバスターコールが発動された。いずれも歴史に残る大事件となっているため、今回の戦いも壮絶な規模になるのかもしれない。

かねてから予言されていた「一大事件」

ところで現在描かれている「未来島エッグヘッド編」は、作者・尾田栄一郎による「シャボンディ諸島編」のセルフオマージュではないかと言われている。

たしかにくま、黄猿、戦桃丸にボニーと、当時登場したキャラクターたちがそろい踏みしているのは偶然とは考えにくい。そして今回、くまが天竜人の頂点である五老星を殴り飛ばしたシーンも、ルフィが天竜人を殴り飛ばした場面を連想させるものと言えるだろう。

シャボンディ諸島では未熟だった「麦わらの一味」が完全崩壊するという結末を迎えたが、その経験によって仲間たちは大きな成長を遂げている。

実際に黄猿もその変化を認めており、今回のエピソードではサンジやフランキーに向かって“成長”を見せてみろと煽っていた。この意味深なセリフは、今後エッグヘッドにて「麦わらの一味」によるリベンジマッチが始まることを示唆しているようにも見える。

ますます今後の展開が気になる「未来島エッグヘッド編」だが、そこで活躍しそうなキャラクターとして「麦わら大船団」の名前も挙げられている。

「麦わら大船団」といえば、キャベンディッシュやバルトロメオといった海賊たちを含む集団で、単行本80巻では「この先各個に成長を遂げ…いずれ歴史に名を残す一大事件を引き起こすのだが…」というナレーションが綴られていた。

「シャボンディ諸島編」の後に始まったマリンフォード頂上戦争のように、「未来島エッグヘッド編」の後に大戦争が描かれるとすれば、まさに「一大事件」と呼ぶにふさわしい舞台と言える。この先「麦わら大船団」が駆け付け、海軍や五老星との全面対決が始まる…と想像するのは、それほど突飛な発想ではないだろう。

ちなみに五老星はそれぞれ歴史上の偉人に寄せた外見となっており、サターン聖はドイツの哲学者、経済学者であるカール・マルクスがモデルではないかと言われている。そしてマルクスといえば共産主義の父であり、歴史上多くの革命の原動力となった人物だ。その皮肉として、サターン聖は海賊たちが五老星を引きずりおろす“革命の日”の中心人物になるのかもしれない。

果たして本当にここで「一大事件」の予言が成就することになるのか。この先の展開にも注目したい。

文=Tら
写真=まいじつエンタ

広告

引用元:http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/17032627,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

トイレの神様でブレイクした植村花菜が消えた理由…業界に見捨てられ8年経った現在・・・!
2024/02/27
侍ジャパンに唯一勝った中日・髙橋宏斗投手の彼女が可愛すぎた!?始球式で共演も「ばっちり交際宣言じゃん」「羨ましいな」
2024/01/31
中村倫也、綾野剛が電撃婚前にしていた”仕事”が全く同じだった!?「佐藤健もしてるよね」「ファンが減るからってこと?」
2024/01/31
篠田麻里子、元夫は結局”カネ目的”だった?あっさりと終わった騒動に物議醸し出す?!「不倫は無かったというテイにした感?」「時系列わからん」「篠田さんの元旦那は胡散臭すぎる」
2024/01/31
木下優樹菜、電車の中で騒いだ次はセ〇シービキニ姿をまさかの迷惑過ぎる”公共の場所”で撮影し非難殺到?!「基本的には写真撮影NGですよね?」「ジムで自撮り痛いね」「やめてくれ」
2024/01/31
【悲報】ローラ、極太鼻毛が写り込む!?下からのアングルで失態か…「太くて立派なものが」「それもかなりの長さ」
2024/01/31
いしだ壱成、植毛手術成功でイケイケな現在。彼女は6人のモテ自慢…「養育費払ってる?」「元嫁と子どもが可哀想」
2024/01/31
工藤静香と木村拓哉に、驚愕の事実が明らかに…新たな子供の存在や実父の正体、8年前からの別居に注目!その妻の壮大な男性遍歴にも驚嘆
2024/01/30
大塚里香が松本人志から受けた「性加害」を10代の頃に告白…解散した「ダウンタウン」で浜田雅功の「ピン活動」の真相に言葉を失う…ヒカルの〝攻めすぎ動画〟に反応した芸人の驚き
2024/01/30
紅白歌手の熟年離婚原因に、両足の緊急手術が関係?水前寺清子の現在の病状に驚愕
2024/01/30