山崎貴監督「まさかオスカーに絡むことができるとは」 「ゴジラ-1.0」が米アカデミー賞視覚効果賞部門ノミネート
2024/01/23

広告

 米映画界最高の栄誉とされる第96回アカデミー賞の各賞の候補作が23日発表され、視覚効果賞部門では山崎貴監督の「ゴジラ―1・0」がノミネートされた。同賞のノミネートは日本映画では初めてとなる。

「ゴジラ-1.0」

 ノミネートを受け、山崎監督は「まさかオスカーに絡むことができるとは想像してなかったです。ゴジラを作った時も全然想像してなかったので、すごくうれしいです」と大喜び。さらに「新しい扉が開いた感じです。白組のみんなが頑張ってくれたことなので、感謝しながら、本戦に向けてアメリカに渡りたいと思います。40年ぐらいVFXをやっていて、こんな未来が待ってるとは…。若いころのじぶんに聞かせてあげたいです。ここから先は、オスカーの雰囲気を楽しみたいと思います」とコメントした。 

広告

AD
記事