モロゾフピカチュウ争奪戦が発生 悪質な転売ヤーによって店内が阿鼻叫喚の地獄絵図に…
2024/01/23

広告

20日、ポケモンセンターでは洋菓子メーカー・モロゾフとのコラボ商品『ぬいぐるみ付き モロゾフ アソートチョコ ピカチュウ』を販売開始。悪質な転売ヤーによる横暴な行為によって店内が阿鼻叫喚の様相になったと話題を呼んでいる。

■モロゾフピカチュウが発売

たびたび有名メーカーとのコラボ商品を展開しているポケモン公式。今回は洋菓子メーカーのモロゾフとコラボを実施し、ぬいぐるみ付きのアソートチョコを20日に店舗販売した。

同商品は4,400円と決して安くないものの、限定デザインのピカチュウのぬいぐるみが付いてくるということもあり、大きな話題を呼んでいた。

広告の後にも続きます

■「争奪戦」で阿鼻叫喚の地獄絵図

そんな同商品の発売日、各地のポケモンセンターではモロゾフピカチュウを求めて多くの人が行列をなした。それだけならよかったのだが、転売ヤーと思われる人が列を割って入るなどまさに「争奪戦」が起きていた模様。

さらに現地にいたと思われる人の投稿によると、店員に詰め寄る人までいたとのこと。まさに阿鼻叫喚の地獄絵図となっていたようだ。

ちなみに記者がフリマアプリを確認すると、モロゾフピカチュウが1.5倍以上の価格で転売されているのが確認できた。

広告

■「いい加減にやめてほしい」の声も

同商品の再販は現在時点では決まっていないが、ネットユーザーらの間ではポケモンセンターオンラインのお問い合わせ窓口にて「再入荷希望を出す」動きも起きている模様。

ネット上では「バレンタインのモロゾフピカチュウかわいい〜って軽い気持ちでポケセン行ったところ地獄」「ポケモン関係のグッズで転売するのいい加減やめて欲しい」といった声が寄せられていた。

■執筆者紹介

広告の後にも続きます

北田力也:エンタメ、ゲーム、グルメ記事を中心に執筆している20代ライター。

小学生のころ一度ゲームを引退したが、社会人になってから友人に誘われてNintendo Switchを購入したところ、その反動もあってかドハマり。『ポケットモンスター』シリーズやFPS系ゲームをはじめ、幅広くプレイしている。

なお、最近のマイブームは『Stardew Valley』で永遠と釣りをすること。

(文/Sirabee 編集部・)

広告

AD
記事