「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」開催、国内外から公募した5名のファイナリストが新作展示
2024/01/22

広告

倉庫をリノベーションしたイベントスペース東京都品川区の「寺田倉庫 G3-6F」にて、「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」が1月10日から28日かけて開催されている。会期初日に開催された授賞式には、最終審査員の金島隆弘氏、神谷幸江氏、寺瀬由紀氏、真鍋大度氏、鷲田めるろ氏のほか、ファイナリストの金光男氏、冨安由真氏、原田裕規氏、村上慧氏、やんツー氏が登壇した。

「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」は、新進アーティストの支援を目的とした現代アートアウォード。国内外から1025組の応募があったうち、ファイナリスト5名に絞られた。金島隆弘賞には冨安由真氏、神谷幸江賞には原田裕規氏、寺瀬由紀賞をやんツー氏、真鍋大度賞を村上慧氏、鷲田めるろ賞を金光男氏が受賞した。

神谷氏は「若いアーティストの熱意を感じることができました。私が選ばせて頂いた原田さんは、5年かけてリサーチ頂いたものを選ばせて頂きました。

広告

新しいチャレンジにエールを送りたいと思います」とコメント。

寺瀬氏は「最後の落とし込む力というところでメッセージ性やコンセプトのところで、本当に僅差だったのですがファイナリストとの差が出たのかなと思いました」と評価。

金島氏は「非常に見応えのある作品が揃っていました。(冨安氏の作品は)空間で作品を体感できるように仕上がっています。ぜひ、体験してください」と呼びかけた。

真鍋氏は「傾向としてはリサーチベースや課題ベースのものが多かった。村上さんの作品はパーソナルものから始まっている点が興味深かった」と選考理由を話した。

鷲田氏は「今までやっていないようなことにチャレンジした作品が多いように感じました。リスクを取って新しいことにチャレンジすることに非常に感銘を受けました」と総評した。

鷲田めるろ賞を受賞した金氏は、蝋で作った平面作品を展示。カヌーを表現し、脆さと矛盾を表現している。金氏は「賞を頂けたことで、自信を持てるというか。世界と繋がりながら次に繋げていくことを表せられたのかなと思います」と話した。

マジックミラーを利用した、さまざまな視点を誘発する作品を創った冨安氏は「照明と構造物で創作したインスタレーション作品になります。

広告

観て頂けるとうれしいです」とアピールした。

移民が経験したプロセスを、言語学習のシャドーイングによる「声の重なり」でデジタルヒューマンにトラッキングさせることで「感情の重なり」を表現した神谷幸江賞の原田氏は「70名以上の方に作品に携わっていただきました。ただ、どの表現者もそういったドリームプランを出来るわけではない。ある種、責任を負う立場だった。新しい自画像を作ることができたのですが、そういったチャンスを与えて頂いた中で改めて責任を感じました」と話した。

真鍋大度賞を受賞した村上氏は「現実の街や公共の場所に自分の身を置いて、必要に応じてギャラリーの中に作品を持ち込んできました。今回はイチから展示空間の中でインスタレーションを構想しました」と新たなチャレンジだったと報告。

寺瀬由紀賞を受賞したやんツー氏は「選ばれると思っていなかった。泣きながら出したプランシートが通ってしまいました(笑)。ぜひ前の方に行って演劇を観ていただきたい」と。

また、「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」と同時期に、「WHAT CAFE」では『WHAT CAFE EXHIBITION vol.

広告

33 From here to eternity:第1回 TERRADA ART AWARD 受賞者の「いま」の展開』、「G1ビル」では『ゴッホ・アライブ東京展』を開催されている。『ゴッホ・アライブ東京展』は、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作「星月夜」を映像という光で通して観ることで、新たな体験価値を提供する展覧会。会場すぐ近くのアートギャラリーカフェ「WHAT CAFE」では、ゴッホの作品をモチーフにしたコラボレーションメニューの提供や、過去アワードに参加した作家さんのコメント、受賞作品や受賞後の作品などが展示されていた。

広告

AD
記事