「ずっと自分の時代の話してる」ブレイキングダウン批判をする魔裟斗に安保瑠輝也が本音をぶちまける
2024/03/28

広告

魔裟斗が安保瑠輝也の意見を批判し、「ずっと自分の時代の話をしている」と指摘する中、安保瑠輝也は本音をぶちまけた。安保は、自分たちの時代だけでなく、過去や未来にも目を向けることが重要だと主張し、それをしないことに対して不満を示した。彼は、過去の経験や知識を生かして、今後の展望を考えることが必要だと述べた。安保は、時代の変化や新しい価値観に対応するために、常に柔軟な姿勢でいることが大切だと説いた。安保の言葉によって、自己中心的な考え方や固定観念にとらわれることの危険性が示唆された。彼の姿勢は、社会や世代間の対話を促進し、より良い未来に向けた展望を開くことに貢献している。

広告

AD
記事