『魔女の宅急便』作者明かす本音、ジブリ映画観て驚き 原作と異なる展開に「あれ?と思いました」
2024/01/23

広告

 1989年に公開され、スタジオの初期作品として、いまも絶大な人気を誇る『』。原作者の角野栄子は、35歳で作家デビューし、同作を出版したのは50歳の時だった。アニメ化された映画を初めて観た時には、原作と大きく異なる内容に戸惑ったというが、その後、自身の作品が国民的・世界的作品に成長していく様を原作者としてどう感じていたのか。物語の誕生秘話や同作が愛され続ける理由を聞いた。



■着想も映画化もきっかけは「娘」 “宅急便”がヤマトの特許とは知らず、あわや大惨事?

――『魔女の宅急便』は、どのようにして着想されたのでしょうか?

広告

【角野栄子】私は大学時代、アメリカ大使館の図書館に行って海外の雑誌をよく見ていました。その時、雑誌『LIFE』に載っていた『鳥の目から見たニューヨークの風景』という写真を見て、すごく物語性を感じたんです。その後、娘が描いた魔女のイラストを見て「魔女の話を書いてみよう。それを書けば、空を飛べてあの風景が見られる」と思いつきました。娘の絵と、大学時代に見た写真が合致したんですね。その頃、娘が12歳だったんで、同じ年くらいの女の子を書いてみようかな、空を飛べるならどこかに行った方がいいかなと。そのぐらいで始まるんです、私の作品は。書いていくうちにどんどん展開していくんですね。

――“宅急便”というアイデアはどのように?

【角野栄子】『魔女~』は『母の友』で1年間連載されました。月1回の連載なので、前に読んでない人もいるし、読んだ人も忘れてるかもしれない。だから続きものというよりは、ある程度1話で決着が付けられる話がいいと、宅急便にしました。1つ運び終わると完結するので。

広告

――当時、“宅急便”はの登録商標だと知らなかったんだとか?

【角野栄子】そうそう。登録商標だと知らずに1年間連載しちゃったんですけど、私は1年間付き合った名前なので、変えるのは嫌だと思って。出版社で弁護士さんに相談したら、『魔女の』が付けば大丈夫ということになりました。それで映画化されたら、ヤマトさんがスポンサーになってたのね(笑)。ヤマトさんには毎日、宅急便でお世話になっています。

――『魔女の宅急便』ができた時、良い作品だという手応えはありましたか?

【角野栄子】特になかったですが、反響は良かったです。「やっと日本に私たちの物語ができた」というお便りをいただきました。日本の児童文学って、私より前の世代は教育的なものが多かったんですよ。でも、私は自分が好きなものを書いているだけですからね。『魔女~』の場合は、多くの人が持つ悩みや喜びなどと同じ感覚でキキが動くので、そこで「自分の等身大の話だ」と感じてくれた方が多かったんじゃないでしょうか。

広告


■ニシンパイの作り方知らない「宮崎さんは原作を変える人だと聞いてたので…」

――スタジオジブリからアニメ化のお声がけがあった時、どんなお気持ちでした?

【角野栄子】私、宮崎駿さんを知らなかったんです。でも、娘は『風の谷のナウシカ』などを観ていたので、「絶対やった方がいい。とってもいい映画にしてくれると思う」と言うんですね。それで承諾しました。でも、鈴木(敏夫)プロデューサーから「宮崎さんは原作を変える人だ」と聞いてたので、私はタイトルやキャラクターは変えないようにとお願いしました。

――映画をご覧になった時は、どんな印象でしたか?

【角野栄子】「あれ?」と思いました。私だったらこうしないなと思うところもあって。よく映画を観た方から「ニシンパイの作り方を教えて」と言われるんですけど、私は原作で書いていないんですよね(笑)。でも、あれは宮崎さんの作品だからと、すぐ切り替えました。

広告

それに、映画としてはよくできていると思いました。自分の原作だから言うわけじゃないけど、宮崎さんの作品の中で一番良いと思います。難しいことを考えずに、ファミリーで楽しんで観られますから。

――その後『魔女~』が世界的な作品になっていく様を、どのように受け止められていましたか?

【角野栄子】それは宮崎さんのおかげです。多くの人たちに『魔女の宅急便』という名前とキキ、ジジというキャラクターが知れ渡ったのは、ありがたいと思いました。ドイツの田舎で会った若い男の子たちも『魔女~』を知っていましたけど、それは映画の力ですよね。当時、ドイツでは翻訳本も出てないわけだから。

■テーマも締切も一切ナシ、受ける・受けないは考えない「出版社の要望も聞きません(笑)」

――1985年『魔女~』出版後、数多くの児童書が生まれましたが、同作をはじめ、『いないいないばあ』『ぐりとぐら』『きんぎょがにげた』など、60~80年代の作品が今も愛されているのは、なぜだと思われますか?

広告



【角野栄子】児童文学というのは世代をつなぐんですよ。子どもの頃に本を読んだ人が、年をとって子どもや孫につないでいくという。しかも私の話は時代を切り取っていないし、強い主張を持ってるわけではないので、そういうところも長く読まれる要因だと思います。これが時代に合わせたような物語だったら、時代とともに言葉も変わりますし、長くは続かないだろうなと。

――長く読んでもらえるようにと思って本を書かれているんですか?

【角野栄子】そんなことはないです(笑)。自分が面白い、楽しいということしか考えてないです。読者に受ける受けないということも考えない。それを考えると失敗しますから。

――出版社から、こういうふうにしてくださいと言われたら?

【角野栄子】それも一切聞き入れません(笑)。締切も決めません。書けたら持って行きますというスタンスで。

広告

私、怠け者じゃないから、今でもちゃんと毎日朝から夕方まで書くんです。締切がないと書かない人もいるかもしれないけど、私は自分が好きで書いているから。締切があると、自由じゃなくなるしね。「テーマは何ですか?」と聞かれても「ない」って言います(笑)。だって私が「こういうテーマです」と言ったら、読者はそういう風に読むじゃないですか。そうではなく、自由に読んでもらいたいんですよね。

広告

AD
記事