<芸能プロダクション2024年イチオシ新人>チアダンス全国優勝の経歴がある12歳の注目株・富井寧音、「今はお芝居する事がとにかく楽しい!」
2024/01/23

広告

1月期が続々とし、様々な作品でこれからの界を担うであろうが起用されている中、新人開発に積極的な芸能各社が今年プッシュする注目の新人を紹介。麻生久美子や深水元基など、映画や等で活躍材が多く所属している「」の『イチ押し新人』富井寧音を、本人の&担当・の取材とともに。3歳からチスを始め、チス選手権で全国優勝の経験もあるの富井は、将来の「色々なに挑戦することが目標で、を受賞できるような人になることが夢です」と語った。



【所属:富井寧音(とみい・ねね) 】

――のきっかけを教えてください。
【富井寧音】「母が『』を見て、私に合いそうなを探してくれました。応募をした翌日にの社長さんからお電話があり、すぐに会っていただくことになりました。という雰囲気ではなくお話をしている中で所属が決まりました」

――そもそも芸能界に憧れたきっかけは?

広告

【富井寧音】「小さい時から競技チスを習い、全国大会優勝を目指して戦っていました。チア一筋の生活をしていたので、あまりや映画を観ないで育ったのですが、小学4年生の時に映画『チア☆ダン がチスで全米制覇しちゃったホントの話』を観て、芸能界に憧れるようになりました」

――このお仕事の楽しさ・魅力はどんなところで感じていますか?
【富井寧音】「今はお芝居する事がとにかく楽しいです! だからも楽しいです」

――逆に大変だなと感じることはどんなことですか?
【富井寧音】「肌荒れ予防です。の時は何を食べてもだったのに、になってからは肌荒れしやすくなってしまったので、撮影前は甘い物や油物は控えたりしています」

――今後の夢、目標を教えてください!
【富井寧音】「映画・映画・…色々なに挑戦することが目標で、を受賞できるような人になることが夢です」

広告


◆担当・からのイチ押し◆
「には映画が2本、公開予定です。冷静に物事を分析し、次に活かそうとする努力が垣間見られます。まだ演技経験は浅いですが、現場での対応力は抜群に高いと思います」

【】
寧音(とみい・ねね)●生まれ、出身。
3才からチスを始め、Aチス選手権で全国優勝(部門medium編成)。 2021 s 編成優勝、。
主な出演作品は、舞台「HIS-いのちの物語」(22/古舘一也演出)、EX「ード」(23/田崎竜太監督)、映画「ディア・」(24/月川翔監督)映画 「とりま」(24/ 東かほり監督)。

※田崎竜太監督の「崎」は「たつさき」が正式表記。

広告

AD
記事