「せっかく俺が格闘技を広めたのにさ...」魔裟斗がブレイキングダウンを痛烈批判
2024/03/16

広告

格闘技界のレジェンドである魔裟斗が、自身が広めた格闘技を痛烈に批判しました。彼はブレイキングダウンと呼ばれる動きを見て、「せっかく俺が格闘技を広めたのにさ...」と不満を漏らしました。魔裟斗は自らの功績を誇りながらも、若手選手たちの技術や態度に対する批判を厳しく行いました。彼は格闘技の魅力や真髄を伝えるべきだと訴え、ブレイキングダウンのような技術や動きが本当の格闘技ではないと主張しました。彼の言葉は、格闘技界における正統な価値観や精神を取り戻す重要性を訴えるものであり、多くの人々に影響を与えることが予想されます。

広告

AD
記事