「トリナスポン酢」「ニンニクキュウリ」……すれちがいなのに食卓は超充実! すれ違いカップルの“秘密”とは
2024/01/22

広告

や分福茶釜。人間に助けられた動物が恩を返す物語は、昔からある物語の典型的なだ。けれど、令和の時代では根強い人気を誇るあの動物が、なんと超現代的な方法で恩返しをしてくれるらしい。

▼▼▼

 物語の舞台はとあるのお部屋。そこで暮らすのはくんとアヤちゃん、そしてのミケ。くんとアヤちゃんはだけど、仕事や寝るが合わず最近はすれ違ってばかり。でも、。いつも欠かさずに作り置きされている美味しいごはんがあるから。

「アヤちゃん、忙しいのに」「くん、私の食の好みわかってる……」と、どんなにすれ違っても美味しいごはんさえあれば、2人の心はぐっと縮まる。あれ、このごはんって誰が作っているのだろう? とお思いのあなた。実はこれこそが、とある動物の“恩返し”なのだ。

 その動物の正体こそのミケ。ある夜に負傷して道端で弱っていたミケは、偶然その前を通りかかったくんとアヤちゃんに助けられる。この時点ではくんとアヤちゃんはあかの他人同士だったけれど、ミケを一緒に助けたことをきっかけに恋人同士となり、同棲を始める。

 まさに恋の立役者ともいえるミケだが、命をもらった恩返しはここからが本番。「あの夜の恩を返したい!」の一心で2人が家を出るたびに人間に変身し、のやのセール品を駆使し毎日の献立を考え、2人が戻ってくる前にごはんを完成させるのだ。

 まるでプロの家事代行がごとき手際の良さで同時に料理を進行し、あっという間に主菜と副菜、そして汁物まで

広告

よく完成させるミケ。しかも、手がける料理はに入れてけで簡単に完成するや、一つで仕上がるトリナスなど、食材もさることながら料理の工程がとってもお手軽。思わず今日の夕飯のに加えたくだ。

 令和の恩返しとなると、存在するだけで癒しを与えてくれる猫が、布でも茶釜でもなく、“プロ並みのとの料理”という形で人に恩を返す。こんな猫の手なら本当に借りてみたいものである。そんな令和時代の新たな動物の恩返しを描いた本作の名は、『の恩返し ~2人と1匹のウチごはん~』(山崎紗也夏著)。

 皮肉にもすれ違い生活のおかげで、“ミケの恩返し”という名の美味しいごはんをお互いが作ったと勘違いし、なんだかんだ円満な同棲生活を送るくんとアヤちゃん。そんな2人の暮らしをそっと見守りつつ、今年はミケので健康的な食卓にチャしてみたいものだ。

(ちゃんめい)

広告

AD
記事