ダレノガレ明美、被災地で喜ばれた物資明かす 炊き出しの細かな気遣いにも反響
2024/01/23

広告

モデルでタレントのが23日、自身の公式X(旧・ツイッター)を更新。被災地での炊き出しの様子などを公開した。

■到着前に食事

令和6年能登半島地震で甚大な被害を受けた石川。ダレノガレはもともと、現地で炊き出しを行なう予定だったが、急遽、物資も届けることに。

スキンケアブランド・ニベア(NIVEA)の、アイマスク、お菓子などをかき集め、きのう22日に現地へ出発。

到着数時間前には「炊き出しは私達は食べれないので事前にお腹に溜めていきます!」とコンビニエンスストアの菓子パンで腹ごしらえした。

広告の後にも続きます

■喜ばれた物資

そして、ついに現地に到着。

まずは物資を配り「ニベア、リップ、リポビタンD、葛根湯(粉末ではなくドリンクタイプ)モンダミンがすごく喜ばれました」と明かす。20台用意した空気清浄機は各部屋に設置されるという。

投稿写真には、ダレノガレに感謝する被災者の姿が。

■「食べやすく工夫されてて素晴らしい」

炊き出しでは、食べやすいサイズにカットした野菜たっぷりもつ鍋、生姜焼き、ポテトサラダ、みかんを振る舞う。

広告

「250食予定でしたが400食でました 周りの避難所の方がたくさん来てくれました! 多めに持ってきてよかった! っと安心しました」と伝えた。

コメント欄には「明美ちゃんの献身に心打たれました」「すごく寄り添った考え方されていて。。素敵です」「食べやすく工夫されてて素晴らしいです」と細かな気遣いに称賛が寄せられている。

広告の後にも続きます

■物資を配るダレノガレ

(文/Sirabee 編集部・)

広告

AD
記事