松本人志と嫁・伊原凛の馴れ初め!顔写真と年齢差が判明!離婚の真相!
2024/01/22

広告

松本人志さんと嫁である伊原凛さんの馴れ初めについて調べてみました。

また、顔写真や年齢差と離婚の真相が話題ですので、こちらについても見ていきましょう。

嫁・伊原凛との馴れ初め!

松本人志さんの 嫁の名前は伊原凛さんといいます。

松本人志さんと嫁の 馴れ初めはテレビ番組で共演したことです。

2人は2006年1月に『お笑いの祭典ザ・ドリームマッチ』で共演して出会いました。

そして少し間が空いて合コンがありましたが、そこで2人は再会しました。

実は 嫁は元々松本人志さんの大ファンでしたので、 嫁の方から松本人志さんに猛アプローチしました。

2007年から交際がスタートし、2008年に週刊誌によって中野ブロードウェイでのデートが報道されました。さらに 2009年には嫁が妊娠しました。

こうして 2人は交際期間約2年を経て、2009年5月に結婚しました。

嫁が妊娠してから結婚に至ったので、 でき婚だったわけです。

ちなみに松本人志さんは 嫁の実家に「真剣にお付き合いさせてもらってます」と挨拶しに行っていました。

その1か月後ぐらいに嫁が妊娠したみたいですから、松本人志さんはでき婚ではないと主張しているとか。

広告


顔写真と年齢差が判明!

松本人志さんの 嫁である伊原凛さんの顔写真が美人だと話題ですので見てみましょう。

とても綺麗な方ですね。

また、松本人志さんと嫁の 年齢差は19歳です。

松本人志さんが1963年9月生まれで、嫁が1982年10月生まれです。

したがって2024年現在で松本人志さんは61歳、嫁は42歳になります。

19歳も年齢が離れていると、2024年現在も嫁の年齢は若いですね。

嫁は結婚する前の2008年までは芸能界で活動していましたが、現在は芸能界を引退されています。

したがって上の写真は芸能界を引退する前のものになりますので、お若い頃の写真なのです。

しかし現在は一般人になりSNSもやっていませんので、現在の写真はありませんでした。

離婚の真相!

松本人志さんと嫁の 離婚が噂されていますが、こちらについては 全くのデマです。

2024年現在で夫婦生活10年以上になりますが、夫婦仲は良好だそうです。

松本人志さんの独身時代は女遊びをよくしていたようです。

広告

しかし 結婚して子供が誕生してからは、娘を溺愛する父親になっているようです。

そう考えれば松本人志さんと嫁が離婚するというのは嘘になるわけです。

嫁は韓国人だった!

松本人志さんの 嫁である伊原凛さんのが韓国人だと噂されていますが、こちらについては事実です。

伊原凛さんという名前は日本の芸名で、 韓国の芸名は宣喜娜(ソンヒナ)と言うようです。

日本ではお天気キャスターとして活動されていましたが、 韓国では宣喜娜の名義でモデルとして活動していたようです。

伊原凛さんの旧本名は洪 瑞希(ほん みずき)で、現在の本名は松本瑞希のようです。

ちなみに伊原凛さんはサッカーの日韓戦について次のようにコメントしました。

サッカーの日韓戦の時は応援するのが辛そうです。

このように松本人志さんの嫁である伊原凛さんは韓国人なのです。

広告

AD
記事