吉永小百合、主演女優賞3時代制覇の快挙「夢にも思っていなかったので、とびっきりうれしい!」/ブルーリボン賞
2024/01/23

広告

サンケイスポーツなど在京スポーツ7紙の映画記者が選ぶ「第66回ブルーリボン賞」の各賞が決定した。23年ぶりに主演女優賞を受賞した吉永小百合(78)が喜びを語った。

「こんにちは、母さん」で主演女優賞を獲得した吉永小百合(78)。「母として、祖母として、女性として健気に生きる主人公を瑞々しく演じた」ことが高く評価された。

「キューポラのある街」(1962年)、「長崎ぶらぶら節」(2000年)、「-母さん」で昭和、平成、令和と三つの時代で同賞に輝いた国民的女優は「夢にも思っていなかったので、とびっきりうれしい!!」と声を弾ませた。

舞台やドラマ化されてきた「-母さん」は、仕事や娘の舞(永野芽郁、24)との関係に悩み、下町の実家に戻った昭夫(大泉洋、50)と以前より生き生きと暮らす母、福江ら家族の物語。小百合は初めてのおばあちゃん役をキュートに演じ、映画館に笑いと涙を届けた。「見た方から『明るい気持ちになれた』『続編、待っています』って手紙をもらうんです。機会があったらやらせていただきたい」と続編に意欲を見せた。

広告

AD
記事