北斗晶「ちょっとぞっとした」 捨てたはずのコスチュームが23万円で転売されていた
2024/01/23

広告

 元女子プロレスラーでタレントの(56)が23日、火曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月〜金曜後5・00)に生出演。かつて自身に起きた“転売被害”について語った。

 ドジャースの投手(29)は昨年11月、自身のSNSへ直筆サインとともに「野球しようぜ!」とのメッセージを投稿し、日本国内の全小学校約2万校に3つずつ、約6万個にもなる子供用のグラブを寄贈すると発表。国内外で大きな話題を呼び、昨年から各学校に配布され、各地で喜びの声が上がった。

 だが、一部でそのグラブやタグの転売が横行。そのことを報じた記事を番組で取り上げた時だった。

 「本人がっかりするって!」と心ない行為に憤りを隠せなかった北斗。続いて自身の“転売被害”について聞かれると、プロレスラー時代に着用したコスチュームをあるプロレスショップで23万円で購入したという話を聞かされたことがあったという。

 だが、北斗はそのコスチュームの写真を見ても誰かに譲った覚えはなく、古くなったことやサイズの問題からゴミとして捨てた記憶があった。

 「ちょっとぞっとした」と北斗。同じく火曜コメンテーターを務める作家の岩下尚史氏(62)が「ゴミ箱から持っていった?」と聞くと、北斗は「(その)可能性もなきにしもあらず」と気味悪がっていた。

広告

AD
記事