役所広司さん主演「パーフェクト・デイズ」 アカデミー賞国際長編映画賞にノミネート
2024/01/23

広告

 アカデミー賞の最終候補作が先ほど発表され、役所広司さん主演の「パーフェクト・デイズ」が国際長編映画賞にノミネートされました。

【映像】アカデミー賞 日本3作品が最終ノミネート

 「パーフェクト・デイズ」はドイツの名匠、ビム・ベンダース監督が渋谷を舞台に描いた作品で、役所さん演じるトイレ清掃員の男性が、日々の暮らしの中で感じる心の小さな揺らぎを描いた物語です。役所さんは2023年、この映画で日本人俳優として19年ぶりとなる、カンヌ国際映画祭の男優賞を受賞しました。

 アカデミー賞の国際長編映画賞に輝けば、日本を舞台にした作品としては、浜口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」以来となる2年ぶりの快挙で、ベンダース監督は、オスカーへのノミネート4作目にして初受賞となります。授賞式は3月10日にアメリカ・ロサンゼルスで行われます。(ANNニュース)

広告

AD
記事