旧ジャニーズ熱愛・結婚報道ラッシュ、一体なぜ… 白波瀬前副社長の“電話攻撃”消滅も関係か
2024/01/23

広告

KinKi Kids・堂本剛、KAT-TUN・中丸雄一の結婚、Sexy Zone・中島健人の交際報道…。旧ジャニーズで熱愛・結婚報道が続出する理由とは。

2024/01/23 11:25

2024年になって3週間経った。この間、スマイルアップ(旧:ジャニーズ事務所)タレントの熱愛や結婚が相次いで報じられている。

「熱愛・結婚報道ラッシュ」の裏で、事務所内では変化が起きていて…。

■旧ジャニーズ怒涛の熱愛・結婚報道

1月1日、KAT-TUN・亀梨和也と田中みな実が真剣交際していること、NEWS・小山慶一郎とAAA・宇野実彩子、WEST.(旧:ジャニーズWEST)・桐山照史と元バレーボール女子日本代表・狩野舞子さんがそれぞれ年内に結婚すると報じられた。

3組の動向が注目される中、11日にKinKi Kids・堂本剛とももいろクローバーZ・百田夏菜子が、翌週の16日には、KAT-TUN・中丸雄一と元日本テレビアナウンサー・笹崎里菜さんが結婚を発表。

さらに、17日にはSexy Zone・中島健人と元E-girls・鷲尾伶菜の交際が報じられた。3週間で、スマイルアップタレントの熱愛、結婚報道が相次ぎ、ファンから驚きの声があがっている。

関連記事:

■スクープしたメディアは…

これまでも、スマイルアップタレントの熱愛・結婚が報じられることはあった。

広告

ただ、今年は異なる点も見受けられるという。

ある出版関係者は、「以前は、『週刊文春』のようにスマイルアップと付き合いのない週刊誌がスクープすることが多かった印象です。ですが、亀梨さん、小山さん、桐山さんの件を報じたのは、いずれも事務所と関係の深いスポーツ新聞です。そうした媒体はあまりスマイルアップのプライベートな内容を踏み込んで報道することが少なかったので、驚きましたよ」と話す。

関連記事:

■「名物広報」の“電話攻撃”

事務所と懇意のメディアが相次いで熱愛・結婚報道をしている背景には、スマイルアップ内の変化もあるようだ。前出の出版関係者によれば、昨年10月に長年同社の広報を務めていた白波瀬傑(しらはせすぐる)前副社長が退社したことも大きいという。

「白波瀬さんはテレビ局やスポーツ新聞、週刊誌等とやり取りしていました。特に、彼の“電話攻撃”は有名です。白波瀬さんはメールやLINEではなく、担当者と電話でやり取りするのが基本。タレントの熱愛を報じるため事実確認の連絡をすると、『どういうふうに取り上げるのか』『どれくらいのスペースや放送時間になるか』など、電話で細かく質問してくるんです。白波瀬さんは穏やかな性格で、声を荒らげたりすることはありませんが、度重ねる電話に悲鳴をあげる関係者もいましたよ(笑)。そうした事情もあり、業界内で『ジャニーズの熱愛や結婚はやりにくい』という空気があった印象です」

広告

(前出・出版関係者)。

マスコミ側からすると、「名物広報」が退社したことで、スマイルアップの熱愛・結婚を取り上げやすくなったのかもしれない。

関連記事:

■事務所内での扱いも変化?

中島と鷲尾の交際報道では、になった。業界内では、事務所内でのスマイルアップタレントの交際や結婚の扱いが変わる可能性も囁かれているようで…。

「これまでも、事務所がタレントのプライベートに事細かに口を挟むことはなかったと思います。ただ、今後タレントがいつ結婚するかなどは、より本人の意志が尊重されるかもしれません。今年の春から、所属タレントのマネージメントを行う新会社『STARTO ENTERTAINMENT(スタートエンターテインメント)』が稼働します。同社では、タレントが従来のマネージメント契約かエージェント契約を選べます。エージェント契約はタレント側の裁量が大きくなるので、例えば『年内に結婚したい』というタレントが出た時、彼らの意志が優先されやすくなるかもしれません」(前出・出版関係者)。

スマイルアップタレントの熱愛・結婚ラッシュはまだまだ続きそうだ。

関連記事:

■執筆者プロフィール

斎藤聡人:1991年生まれ。『Sirabee』編集部記者。

某週刊誌の芸能記者を経て現職に。ジャニーズネタなど、芸能ニュースを中心に様々なジャンルを取材する。

チェーン店からローカル店まで様々な飲食店をめぐり、グルメ記事も手がける。仕事も兼ねた毎日のドラマ鑑賞が日課。

今期の推しは、『正直不動産2』(NHK)、『院内警察』(フジテレビ系)。

・合わせて読みたい→

(取材・文/Sirabee 編集部・)

広告

AD
記事