ミカンは冷やしたほうがおいしい? 専門店の投稿に「そうなの!?」「ずっと逆だった」
2024/01/22

広告

みずみずしくジューシーで、自然な甘みを堪能できる、フルーツ。

ビタミンなどの栄養も含まれており、食べると気持ちまで明るくなりますね。

フルーツには、冷やすと甘くなるものと、そうでもないものがあることをご存じですか。

愛媛県のミカンを全国に出荷している株式会社乃万青果は、運営している産直ブランド『のま果樹園』のX(Twitter)アカウント()で、これについて解説しました。

冷やしたほうが甘いフルーツはどれ?

フルーツを甘く感じるのは『果糖』や『ショ糖』といった糖分が含まれているから。

特に果糖は低温にすると甘みが出るため、果糖が多いフルーツは、冷やして食べるのがオススメだといいます。

反対に、ショ糖が多く含まれているフルーツは、保存のために冷蔵していた場合、食べる前に少し常温に戻してから食べるのがオススメなのだとか。

溶けたアイスクリームが甘く感じるように、温度が高いほうが甘みを感じやすいからだそうです。

Xでは、身近なフルーツを『果糖チーム』と『ショ糖チーム』に分けた図も公開しています。

スーパーマーケットなどでフルーツを買ったら、せっかくならおいしく食べたいもの。

よく食べるフルーツが、どちらのチームなのか、覚えておくと便利かもしれません!

広告

投稿は反響を呼び、12万件以上の『いいね』と「勉強になった」などのコメントが寄せられました。

・知らなかった!そんな違いがあったんですね。

・そうなの!?『ショ糖チーム』もキンキンに冷やしていた…。

・ショートケーキのイチゴを最後に食べるのは、もしかして理にかなっていたのかな。

・でも、フルーツはどれも冷やして食べたい派…。

・めちゃくちゃ勉強になります。図の中、ミカンだけリアルで笑っちゃった。

なお、同アカウントの運営者は「知っておくと便利ではありますが、好きなように食べるのが結局一番おいしい」とも話しています。

すでにお気に入りの食べ方があるという人は、きっとそれが『正解』といえるでしょう!


[文・構成/grape編集部]

広告

AD
記事