櫻井海音が主演、齋藤飛鳥・齊藤なぎさ・あのら共演で『推しの子』実写映像化!
2024/01/23

広告

と東映はを実写映像化する共同を始動。冬、をので世界、映画を東映配給にて劇場公開する。は櫻井海音、アイは、は齊藤、は原菜乃華、は、はあのが演じる。

ににてとの共同名義で連載したは伝説的・アイの“”として転生するジックな設定とショッな描写もいとわない要素、そして“芸能界”という複雑な世界に躊躇なく切り込む他に類を見ない斬新なに衝撃が走り、幅広い世代に人気が沸騰。また、とリンクしているかのような感あふれる内容にも大きな注目が集まり、1月現在累計1,万部を売り上げている。また、に放送されたでは、原作に極めて忠実なと繊細で作画、そしてのも話題に。のとして音楽・が書きおろした楽曲「」は米・グローバル・チャートで楽曲初の首位を獲得したことも大きな要因となり、世界中で人気を集めている。

 そして、社会現象ともいえる快進撃を繰り広げるがついに実写映像化することが発表。

 主演は櫻井海音。やの開設などの幅広い活動をはじめ、近年は「VIV」(2023/)や「1」(2023/)などにも出演。俳優としても着実にキャリア経て、今作では母であるアイの死の真相を暴くため芸能界に潜り込むを演じる。

「」ので天性の輝きを持つ伝説の・アイ役には。昨年卒業した在籍中から雑誌「」、「カ放送部」(/~)司会を務めるなどな才能を発揮し、繊細で的確な演技力を武器に女優業でもを放つ齋藤がを演じる。

の双子の妹で、亡き母・アイのようなになることを夢見る

広告

には齊藤。昨年卒業した「」での活動の傍ら挑んだ「明日、かのカノジョ」 (/2022)ゆあ役の怪演が大反響を呼んだ。卒業後は映画『交換ウソ日記』(2023)、「最高の生徒〜余命1年の〜」(/2023)へ出演し女優として活躍している。

 幼い頃から子役として芸能活動し、と共に活動を始めることになる役には原 菜乃華。に子役としてを果たしてから、映画『』(2022)、「」(2023)、映画『と言う勿れ』(2023)など確かな演技力で話題作に数々出演。

 「劇団ララライ」に所属する女優でに恋心を抱く役には。雑誌「」で専属を務め、「ゼクシィ」14代目CMにも大抜擢。「教祖の」(/2022)でのな役柄で注目が集まり、「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」(/2023)では役を熱演し話題に。

 人気として活動し、、かなと共に活動をする役にはあの。、、俳優、声優、など広く活動し若い世代の女性を中心に的人気を誇る。としてにした「」で昨年末の第74回にも出演。

 あわせて原作の表紙をしたも解禁。さらに、のも到着!

 実写映像化にあたり、は「この度ののにあたりまして、は芸能界に対して様々な言及をしている作品です。そして漫画作品のについても触れています。良い事ばかりを言っていません。批判的な事も言っています。なので、もしかしたらがする事は無いんじゃないかと思っておりました。そのような中で今回、をしようと言って頂いた時には、

広告

の皆様にも制作陣の皆様にも「本当にですか?」と聞きたくなる気持ちでした。引き受けて頂いた皆様には感謝の念が尽きません。」と実写映像化へ驚きの声をあげるとともに、「芸能界を舞台にしたという作品を、の目線でなく、正に芸能界という現場で、本物の現場にいる人々が作ろうと言う気持ちはどういうものなのかそして出来上がるものはどういうものなのか私はとても興味があります。皆様もそうではないでしょうか?是非その答えを一緒に見届けて欲しいと思っております。」と期待のを寄せている。

■:

 この度ののにあたりまして、

は芸能界に対して様々な言及をしている作品です。

 そして漫画作品のについても触れています。

 良い事ばかりを言っていません。批判的な事も言っています。

 なので、もしかしたらがする事は無いんじゃないかと思っておりました。

 そのような中で今回、をしようと言って頂いた時には、

の皆様にも制作陣の皆様にも

 「本当にですか?」と聞きたくなる気持ちでした。

 引き受けて頂いた皆様には感謝の念が尽きません。

 芸能界を舞台にしたという作品を、

の目線でなく、正に芸能界という現場で、

 本物の現場にいる人々が作ろうと言う気持ちはどういうものなのか

 そして出来上がるものはどういうものなのか

 私はとても興味があります。

 皆様もそうではないでしょうか?

 是非その答えを一緒に見届けて欲しいと思っております。

広告

AD
記事