記事
エンタメ・芸能
アニマル・癒し
ディズニー
生活・暮らし
人気・急上昇
新着
ライン・漫画
ジブリ
全部
    
JR京葉線の「快速廃止」 利益と利便どう追求? 元JR東日本職員「各駅停車は快速よりもコストが高い」 、薄井シンシア氏「反対意見を予想できなかったのは大企業としてはお粗末」
2024/01/22

のからまで43キロを結ぶJR。「」とラッシュ時の「快速」を廃止するという、が発表した改正が物議を醸していた。しかし沿線の住民や企業、そしてなどの猛反発があり、先週、JR側は一転して「廃止の見直し」を決定。全廃方針を改め早朝時間帯に上り2本の快速を設定すると発表した。

 そもそも今回の「快速廃止」は混雑の平準化やしか停まらない駅の利便性向上などを狙ったものだというが、この2点を両立するにはどうすればいいのか。『』で鉄道のあり方を議論した。

■千葉・一宮町長「“東京への直結性”があるからこそ生き残っている」

 「快速廃止」への抗議と要望書をJRに提出した一宮町の也町長は、「県知事や長、内房の皆さん、経済界も声をあげ、JRにはそれを聞いて歩み寄りを見せていただいた。私は“速達性”という言葉を強調したが、“そこは必要だったかもしれない”と言っていただけたことはありがたい」と。

 一方で、「外房と内房からの1本ずつの快速が残るだけで、他はなくなってしまうので、これで満足というわけにはいかない。日本全国が人口総崩れの中で、一宮町は維持している。移住者へので、自然が豊か、ができる、土地が安いと。これらは他のにもあるものだが、“東京への直結性”があるからこそ生き残っている」

広告

と快速の重要性を指摘する。

 JRがあげた混雑の平準化については「の乗車率は、が70%、が%で、これを平準化したいというのは理解できる。ただ、いろいろやり方があるはずで、上総一ノ宮から直結する快速をなくすという論理しかないのが納得できないし、相談もなかった。あるいは千葉支社の経理が、我々のの路線存廃で大きく経営が変わるなら受け入れる余地もあるが、単年で黒字。で受けた乗客数の戻りも、上総と茂原駅は“目標の8割を実現した”と言っていた」と述べた。

 前長の泉房穂氏は「私も市長になった最初の数年間はもどかしい思いがあった。そこで、と協定を結んで日常的に会話するパイプを作ったのと、の要素を提案すること。JRが持っている社宅の建て替えの容積率を緩和した。その結果、1本だけだがの駅に特急が停まるようになった。今回、後から変更したのは事前の調整が足らなかったということ。駅の化や設置などについても、国・・鉄道会社で3分の1ずつ負担している公共性の高いものなので、時間が戻らない以上はこれからの協議が必要だ」との見解を示す。

 これに馬淵町長は「変える権限は先方が持っているので、そこを否定するものではない。ただ、地域への影響が甚大なので、十分な協議の時間と場を持ちながら進めてほしい。社宅の話は出ていないけど、いろいろな良い案が出るかもしれない」と訴えた。

■「各停にする必要はない」“ダイヤ改正案”を提案

で17年間勤務し、交通計画コンサルティング「レール」社長の阿部等氏は今回の件について、「利用者の利便性と運行会社の効率性のせめぎ合い、という話ではない」と指摘する。

「は快速よりもが高い。単純な話で、車両と運転手と車掌の回転効率が下がる=が増えるからだ。東京・大阪間のも、号より号のほうが2.5分の4倍(1.6倍)のがかかる。電気代は&ゴーを繰り返すほど余計に食うし、も削られる。(運賃は)快速と各停で同じだ。今回の話は利便性vs運行効率性ではなく、利便性悪化&運行効率悪化。毎日の長距離の利用者はものすごくいい売上になるのに、それを自らする話だ」

 また、対策があるといい、「6時台の快速は『』を通過させる」「7時台のは『』に停車させる」という改正案を提案する。

「混雑の平準化に関しては、朝の6時台の快速2本が前後の普通より混む。

広告

それを解消するのに各停にする必要はなく、新浦安を通過させることによって利用者が減り、前後と平準化できる。7時台のは今、蘇我から新木場までは誰も乗れない。そこで海浜幕張に停めてあげると、そこそこ乗るようになって前後とが取れる。それ以外の時間帯は混雑格差が大きくて困っている列車はない」

 17年間の専業主婦を経て外資系企業で働く薄井氏は「民間企業は自社の利益を考えなければならないが、これだけ反対意見が出ることを予想できなかったのは、としてはお粗末」と指摘した上で、「JRの最近の目線は、鉄道ではなく業。らを大事にし、まちづくりも考えての決断にしなければならない」との見方を示す。

 阿部氏は「の社長交代の発表時にも、“関連事業をいかに伸ばすか”というのが見出しに出るぐらい、鉄道事業をあまり重視していない。小林一三が伊丹を開発できたのも、その時代の最先端の鉄道を実現して、便利な移動をやったからこそ。鉄道の利便性を下げて沿線宅地開発で儲けるというのはあり得ないことで、沿線価値を上げてこそ成り立つ話だ」と述べた。(『』より)

広告

引用元:https://news.nicovideo.jp/watch/nw14212027?news_ref=50_50,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

トイレの神様でブレイクした植村花菜が消えた理由…業界に見捨てられ8年経った現在・・・!
2024/02/27
侍ジャパンに唯一勝った中日・髙橋宏斗投手の彼女が可愛すぎた!?始球式で共演も「ばっちり交際宣言じゃん」「羨ましいな」
2024/01/31
中村倫也、綾野剛が電撃婚前にしていた”仕事”が全く同じだった!?「佐藤健もしてるよね」「ファンが減るからってこと?」
2024/01/31
篠田麻里子、元夫は結局”カネ目的”だった?あっさりと終わった騒動に物議醸し出す?!「不倫は無かったというテイにした感?」「時系列わからん」「篠田さんの元旦那は胡散臭すぎる」
2024/01/31
木下優樹菜、電車の中で騒いだ次はセ〇シービキニ姿をまさかの迷惑過ぎる”公共の場所”で撮影し非難殺到?!「基本的には写真撮影NGですよね?」「ジムで自撮り痛いね」「やめてくれ」
2024/01/31
【悲報】ローラ、極太鼻毛が写り込む!?下からのアングルで失態か…「太くて立派なものが」「それもかなりの長さ」
2024/01/31
いしだ壱成、植毛手術成功でイケイケな現在。彼女は6人のモテ自慢…「養育費払ってる?」「元嫁と子どもが可哀想」
2024/01/31
工藤静香と木村拓哉に、驚愕の事実が明らかに…新たな子供の存在や実父の正体、8年前からの別居に注目!その妻の壮大な男性遍歴にも驚嘆
2024/01/30
大塚里香が松本人志から受けた「性加害」を10代の頃に告白…解散した「ダウンタウン」で浜田雅功の「ピン活動」の真相に言葉を失う…ヒカルの〝攻めすぎ動画〟に反応した芸人の驚き
2024/01/30
紅白歌手の熟年離婚原因に、両足の緊急手術が関係?水前寺清子の現在の病状に驚愕
2024/01/30