森田剛、“闇の演技”も絶品…俳優として放つ圧倒的存在感 ディズニー作品でも鍵を握る役どころに
2024/01/23

広告

から俳優へ。静かに、でも着実に、その才能を発揮している森田剛。より配信中の実写との2つの世界を舞台としてが制作した日本発の「ハッチ -空飛ぶ竜の島-」では、後半戦からキーマンとしてを放ち出した。今回は見る者の心を捉えて離さない森田の俳優道をたどる。(以下「ハッチ」ほか出演作のを含みます)

■前に俳優

・V6のとして活躍し、圧倒的なが光るとともに多くのを魅了してきた森田。

俳優としては、結成前となるの時に「半熟卵」(、)でを果たす。その後、「八代将軍吉宗」()に続いて、「」(、ともにほか)ではのに抜てきされ、その期待に応えるように熱演した。

V6としての主演作「Vの炎」(、)や、「ひとつ屋根の下2」(、)、V6のである三宅健、岡田准一との年少組・の主演作「PU-PU-PU」(、)など出演を重ねる中で、転機の一つとなったのが「の女王」(、)だろう。

同作で森田は、の元カレ役に扮(ふん)した。麻薬関連で警察に追われている、気が短く暴力的な男を体現してをゾクッとさせつつ、でも実はのことを思っていて、最後に人の優しさに触れて涙を流す展開へと至り、終盤からの出演ながら鮮烈な印象を残した。

■舞台出演でも積み上げた演技力

舞台にも活躍の場を広げ、にはの舞台「荒神~n~」で主演を務め上げた。その後、に新感線の☆號「IZO」でロールである幕末の武士・を好演し、演出家として鬼才といわれた故・蜷川幸雄氏による「血は立ったまま眠っている」

広告

や、には宮本亜門演出の「」主演で公演も経験するなど、人気劇団や大物演出家の下で演技を磨き、観客を魅了した。

舞台だから、映像だからと言い切れるものではないが、観客の目の前で演じ、感情を届ける舞台での経験は、きっとその力に大きなものを蓄積したはずだ。

■異彩を放つ闇を抱えた演技

「」(、ほか)で3度目の出演を果たすなど、舞台と映像の両方にに出演していった森田。には、に大きな衝撃を与えることになる主演映画が公開された。「」だ。

古谷実による漫画が原作の同作で、森田は映画では初の単独主演を飾った。その役柄は。店員を付け狙い、その中でどんどん殺人を犯していく。まるで息をするように、淡々と。その怖さは背筋が凍るどころではない。高校時代にに遭い、正常な精神が崩れていかざるを得なかったという悲しい過去を持つだが、心の奥に潜んでいたなところが前面に出たすさまじさに圧倒された。として華やかなに立つ一方で、俳優としての胆力を備えていたのだから、見る者の驚きもより大きなものとなったのだろう。

にV6が解散すると同時に森田はを退所。それから間もなく公開された映画「前科者」()では、演じるの保護司がする元受刑者役で出演。“闇”の部分に揺れ動く人物で、怪しさを感じさせ、鼻水を隠さない号泣へと、熱のこもった演技を見せている。本作では単なる“闇”ではなく、森田が目の奥に宿す優しさもになっていることを付け加えておきたい。

■新作

広告

では物語のキーマンの一人を担う

こうして俳優としての道を歩み進めてきた森田の最新作「ハッチ」は、実写で描く現実世界「」と、で描くが棲む「ウーパナンタ」が舞台の。現実世界のナギとから来た少年が運命的に出会い、やがて互いに協力しながら世界の危機に立ち向かっていくという物語だ。

ナギ役を清涼飲料水のCMや雑誌などのとして活動する中島セナ、役を7月期の「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」()などで頭角を現している奥平大兼が務めている。

森田は現実世界の謎の店員・柴田という役だったが、に配信された第5話で、実はウーパナンタの住人、であることが分かった。ある悲しい過去を背負い、現実世界で遂行すべき秘めた目的を持つ。そう、森田が得意とする“闇”が放たれる。

とはいえ闇の演技ばかりではない。()中のを描いた主演「たちの戦争」(、)で、森田について共演したが「お芝居を間近で感じたときに圧倒されて」と語り、も「常に現場で撮影している時からと思っていて、として完成した時に何倍も輝いていて」と称賛するような力があってのことである。

に配信された第7話では、新田真剣佑が演じるアクタと激しいを披露。CG演出も効果的に使われた本について、ではから「、めちゃ良いです」「最高」「映像が」などと反響が寄せられた。

に行われた配信記念に登壇した森田は、について「ヒーヒー言いながら頑張っていました」と裏側を明かしつつも「泥臭く、パワフルに」としていた。

に配信される・第8話では、森田が物語のキーマンを担う力をどう見せてくれるのか楽しみだ。「ハッチ -空飛ぶ竜の島-」は、ので中。

◆文=ザ部

広告

AD
記事