安住紳一郎アナ「結婚」の裏でビッグカップル浮上
2024/01/22

広告

 令和6年の元旦婚で紙面を賑わせたのは、TBSの安住紳一郎アナウンサーだったが、昨年末、にわかに電撃婚が取り沙汰されたのがKとTのビッグカップルの交際情報だった。

「2人は昨年9月発売の美容雑誌の対談で意気投合、急接近しました。双方の事務所も交際を認めており、結婚前提の真剣交際と見られています」(スポーツ紙記者)

 KもTも、恋愛遍歴ではこれまでも何度となくマスコミを賑わしてきた。

「Kは年上女優のKやFとの交際では、いずれも“結婚秒読み”と報じられるほどの真剣交際でした。ただ、結局は、Kが結婚に煮え切らない態度だったことで破局。今回は、まだ交際間もないにもかかわらず、周囲からは結婚を視野に入れての交際という証言も多い」(芸能関係者)

 交際のきっかけは、雑誌の対談と言われているが、実はその少し前に、ドラマで初共演を果たしている。

広告の後にも続きます

「今年4月クールに放送されるドラマですが、かなり前倒しでの撮影でした。ただ、この撮影現場では、2人を中心に女子会トークのノリで、美容ネタで盛り上がっていたそうです。Tの美容情報といえば、女性の間ではカリスマ的存在。Kの方が前のめりで聞いていました」

広告

(テレビ関係者)

 一部では、年内結婚説も飛び交っているが、そんな矢先に、Kの酒席での蛮行が報じられた。

「高級ラウンジのスイートルームで、酒が進むと従業員に横柄な態度をとったり、女性キャストにキスを迫ったり、お酒の席でのマナーがよろしくないそうです」(芸能関係者)

 大のワイン通でもあるKは、「飲み始めると、1本数十万円のワインを数本開ける」(前出・芸能関係者)夜もあるという。

「元カノのFもワイン好きで、当時も2人で数本飲むこともあったといいます。ただTも、こうした武勇伝は耳にしていたようで、今回の報道には、それほど驚いていないそうです。むしろ、チェックを厳しくするようになったそうです」(プロダクション関係者)

 美にストイックで、私生活では、自称“プチ潔癖”のT。相手にも潔癖を求めるように見えるが、恋愛すると「相手の言いなりになるタイプ」(前出・プロダクション関係者) だという。

「根が真面目で頑張り屋なので、恋も相手の望むことをすべてやってしまう。でも、これまでの失敗はそれが原因だった、と本人もわかったようで、Kに対しては厳重チェックしていくとか。同世代の俳優が相次いで出産しているのを見て、Tも出産願望が強くなったそうですから、今回は押し切って結婚までいく可能性は高そうです」(前出・プロダクション関係者)

 Tのスゴ腕で酒癖の方もよくなるか。

広告

AD
記事