療養中のフジ渡邊渚アナ #未来に希望を「全てを大事にしたいって思っている、よ」前向きな思い
2024/01/23

広告

23年7月から療養中のフジテレビ渡邊渚アナウンサー(26)が23日、自身のインスタグラムを更新。夜空の写真をアップし、現在の自身の心境をつづった。

渡邊アナは「病気になんてならなかったら...とモヤモヤ考えてしまう夜もあるけれど、こうならなかったら知らなかったこと、やらなかったこと、行かなかった場所、出会わなかった人、全てを大事にしたいって思っている、よ」と吐露。「毎日を精いっぱい楽しんで、後悔なく生きていたいな! #未来に希望を」と前向きな思いを記した。

渡邊アナは23年7月17日、体調不良のため、担当する朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜午前5時25分)を欠席。この日、番組冒頭で、メインキャスターの井上清華アナが「渡邊渚アナウンサーは体調不良のため入院しており、しばらくお休みいたします」と報告。同局広報は「体調回復次第の復帰予定で、時期は未定です」としていた。同年10月22日には、7月9日以来、3カ月ぶりとなったインスタグラムへの投稿で自身の病状を明かした。ベッドで横たわる写真をアップし「6月頭に体調を崩し、7月半ばから入院・治療のため仕事をお休みしています。たくさんのご心配とご迷惑をおかけして申し訳ありません。また、たくさんのあたたかいコメントありがとうございます」とつづった。今月23日には「少し前に手術したのですが (大したことない小さい手術ですご心配なく) 縫った痕を見るとやっぱりこころがへこみます」と報告していた。

広告

AD
記事