鈴木紗理奈、性の同意について「すごく難しい…好き同士でも誤解が」松本人志報道で再認識「時代も変わった」
2024/01/23

広告

鈴木紗理奈

 TBS系「ゴゴスマ」(月~金曜・後1時55分)は23日、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が22日に飲み会で性的行為などを強要したとの疑惑を報じた「週刊文春」の出版元・文芸春秋への名誉毀損(きそん)による損害賠償などを求め、東京地裁に提訴したことを報じた。

 松本個人による提訴で、損害賠償額は約5億5000万円。松本は今月8日に裁判注力のため芸能活動の休止を宣言していた。これを受けて、週刊文春編集部は「一連の記事には十分に自信を持っています。現在も新たな告発者の方々のお話をうかがい、慎重に裏付け取材をしております。提訴によって委縮することなく、今後も報じるべき事柄があれば、これまで通り報じてまいります」とコメントを発表した。

 コメンテーターを務めるタレントの鈴木紗理奈は「性の問題…する、しないという同意って、すごく難しいことだと思うんですね。男女間のやり取りで、好き同士でも誤解があったりするなかで」と指摘。続けて「この問題を通して私たちは、そういうことに関して相手が本当に同意をしてくれているのか、相手は嫌がっていないのか、強要する立場にないのかっていうのは…これから時代も変わって、『流れでしちゃった』ってことが昔はあったかもしれないけれど、現代では相手を気遣っていかないとダメだよと。松本さんとか関係なく、私たちみんなが共有していかないとダメだなと今回思った」とコメントした。

広告

AD
記事