【あすのブギウギ】愛助の入院を知った母のトミは…
2024/01/23

広告

「ブギウギ」の一場面(C)NHK

 女優の趣里が主演を務めるNHK連続テレビ小説「ブギウギ」(月~土曜・午前8時)は24日に、第79話が放送される。その内容は…。(以下、ネタバレがあります。ご注意ください)

 愛助(水上恒司)は自分が大阪に行ってトミ(小雪)と直接話すと決める。しかし、その時、愛助は再び喀血(かっけつ)し、すぐに病院へ運ばれる。医者からは当分の間入院し、安静にするようにと伝えられる。愛助のそばについて看病をするスズ子(趣里)に、羽鳥善一(草ナギ剛)は何か力になれることがあるなら何でもすると伝える。翌日、愛助が再び入院したと知らされたトミは病室に駆けつけ、愛助を大阪に連れて帰ると言い出す。

 「ブギウギ」は第109作目の連続テレビ小説。「東京ブギウギ」「買物ブギー」のヒット曲で知られる笠置シヅ子さん(1914~85年)がモデルで、戦後の大スター歌手に上り詰める物語を描く。舞台は昭和で、脚本は足立紳氏と櫻井剛氏。昨年3月14日にクランクインした。

広告

AD
記事