西野七瀬&高良健吾が初共演!「1122 いいふうふ」もう1組の夫婦役に
2024/01/22

広告

渡辺ペコの大「」を、とのW主演で実写化した「 いいふうふ」が6月よりにて世界配信される。このたび、本作でもう1組の夫婦をとが演じることが発表され、あわせて2人のや新場面写真が解禁された。

「妻に読ませたくない」、「夫に読ませたい」とそのさが話題となり、夫婦としてのあり方に一石を投じる、新しいマリッジとして高い評価を得た原作。本作を化したのは、『窓辺にて』(22)、『ト』(23)などの今泉力哉監督。脚本は今泉監督の妻であり、監督作『聴こえてる、ふりをしただけ』(12)で、11人のが審査員を務める「ジェネK」部門にて、準プリにあたる「審査員賞」を受賞したキャリアをもつ今泉が務め、本作が初の夫婦合作となる。

主演には、4月期の「」、舞台「宝飾時計」など様々なで活躍する高畑と、『』、『ですがなにか』(23)などの映画作品のほか、舞台やでまったく違う顔を見せ、今泉監督作品は初出演となる岡田。W主演にして初共演となる2人は、“いまどき”夫婦の一子()と二也()に扮する。

今回解禁されたは、岡田演じる二也()と生花教室で知り合い、“恋人”となる志朗の妻、柏木美月を演じる西野と、美月の夫であり、子育ては妻の仕事と割り切る、柏木志朗を演じる高良、そして美月と志朗の一人息子である柏木ひろを演じる千葉惣二朗。柏木夫婦が、相原夫妻とどんな関係になっていくのか期待が高まる。

また、高良、西野からのと、柏木家の家族3人の幸せそうでほほえましい姿を捕らえた場面写真も初解禁され、本情報解禁から公式

広告

も。「結婚」という““の続きを描く本作。はたして“いまどき”夫婦の相原夫妻と柏木夫婦はどのような物語を織り成すのか?今後の続報にも期待したい!

■<>

●(柏木美月役)

「最後の日まで悩み続けた撮影期間でした。今泉監督は細かく見て、聴いて、テイクを重ねながら微調整をしていくような演出で、自分にとって初めての経験になりました。いままでやってきたことよりも、さらに繊細な表現ができるのか、常に挑戦させていただける時間でもありました。無意識の部分も見抜いてもらえて、的確に意図を受けることができました。この物語の軸である4人の人物が、自分の行動をどう受け止めて過ごしていくのか、ぜひ見守っていただきたいです」

●(柏木志朗役)

「今回、で今泉監督の現場を経験できた時間は自分にとってかけがえのないものになりました。いままで感じたことがない、役との距離感をことができました。柏木志朗という役はとてもな人間です。はじめに脚本を読んでいる時はなかなか好きになれない人間だったのですが、読み進めるにつれて志朗の人間臭さ、未熟さに惹かれていく部分がありました。現場で演じていても、現場でしか気づけないような役の心情もあり面白い経験をしました。きっと自分にしかできない志朗が演じれたのではないかと思います」

文/山崎伸子

広告

AD
記事