デビュー4周年!Snow Man、岩本照・渡辺翔太らメンバーの“冬ドラマ出演ラッシュ”に注目
2024/01/22

広告

に4周年を迎え、ますますその勢いを加速させている。としての活躍が著しい彼らだが、同時に俳優としてを発揮するも多く、1月のにも多数出演する。そこで本記事では、今期のに出演するをしつつ、注目についても紹介したい。

、LDHとの企画が話題!冠番組『それスノ』で示した新たな可能性

のとしてを牽引しながら、俳優としてもさまざまな作品に出演してきた。そんな彼が連ドラ初単独主演を務めているのが、現在放送中の『恋する警護』()だ。同作は岩本演じる無骨なボディ・北沢辰之助が、演じる負けず嫌いなの“間警護”のため、ひとつ屋根の下で暮らす考察系・ー。『』()にたびたび出場するなど、屈指の肉体派でもある岩本は、同作でにも挑戦しており、からも「最高に良い」「身体能力やばっ!」などの声があがっている。運動神経抜群のボディという設定の辰之助を岩本が演じることで、そのにさらなる説得力が生まれていると言えそうだ。

また、は、放送開始の『先生さようなら』()で連続単独初主演を果たしている。同作は、渡辺演じる・田邑拓郎の“現在の恋”と“過去の恋”の物語が重なり合って展開していくという学園ラブ。渡辺は、美術教師である現在の拓郎と、担任の国語教師に恋をしていた高校時代の拓郎を演じるという形式で、公式では“と先生の演じ分けに注目してほしい”と意気込みを明かしていた。渡辺と言えば、昨年放送の『ウソ婚』(・)で、設計社長のの相棒である

広告

役を好演したことも記憶に新しいが、今作で見せる繊細な演技にも期待したい。

さらに、は、より放送が始まった『大奥』()にて、()演じる第10代将軍・徳川家治と関係にあるという重要な役どころを務める。宮舘は今作が連ドラ初ということだが、聡明で貴公子のだったという定信は、気品あふれるから“舘様”の愛称で親しまれている宮舘と重なる点も多いのかもしれない。歴史的にも有名な定信というをより魅力的に演じてくれることだろう。

そしても、現在放送中の中島健人()主演の『リビングの松永さん』(・)に、らが暮らすのである・郎役で出演している。オファーを受けた際の心境について、公式で「が初めてなので、“僕でいいんですか?”っていう感じだったんですけど」と振り返っていた向井だが、“主演の中島から演技や現場での立ち振る舞いを勉強したい”も語っており、俳優としての経験豊富な中島との共演は、芝居する上で良い刺激となるかもしれない。

他にも、がから放送が始まった『春になったら』(・)にの友人役で出演するなど、の“出演ラッシュ”とも言える状況になっている。では「全員が色んなところで活躍してるの本当に嬉しい!」「一月期スノの祭り…みんな!!」と歓喜の声もあがっていたが、それぞれが個人活動でも輝きを増すことで、その勢いはにも還元されそうだ。

広告

AD
記事