記事
エンタメ・芸能
アニマル・癒し
ディズニー
生活・暮らし
人気・急上昇
新着
ライン・漫画
ジブリ
全部
    
松本人志擁護が“芸と人格は別”論では不可能なワケ。過去には「女は95人アホですね」と放言
2024/01/22

 収束する気配がないの騒動。各界の有名人も批判、擁護それぞれの立場から発言をしています。




◆立川志らくの松本擁護に疑問
 なかでも、立川志らくのが注目を集めました。に自身のX(旧)で、「さんは芸人。芸人はどれだけ常人には経験出来ない事を経験できるかが勝負。非常識に生きてこそ芸人。」と投稿し、松本に“”を送ったのです。


 またしても“芸と人格は別”論です。


 けれども、も同じ方法で擁護することはできるのでしょうか? 筆者は大いに疑問を抱いています。


 松本の著書を読むと、むしろ芸と人格が密接につながっていることがわかるからです。『遺書』()、『松本』()に続く、『 愛』()という本があります。(いずれも)


広告


 一般的にはセラーの『遺書』、『松本』が有名ですが、今回の一件に至る本質は『 愛』に強くにじみ出ています。松本がいかにして社会現象となり、性を身につけていったかがさらに理解できる一冊なのです。いくつか発言を引いてみましょう。


◆「女はね、95人アホですね」笑いのだけで人の優劣を判断
の第一報で衝撃的だったのが、松本が初めて会った女性に対して「俺の子供産めや」と迫っていたとされることでしょう。その前段階で、自分のように才能豊かな人間が一夫一婦制に縛られるのはおかしいと語っていたとも同誌では言われています(発売『』より)。


『愛』では、“オレ”が特別であり、他の追随を許さない存在であること。その他大勢はにしかならないかのごとき論法を展開しています。


 もっとも顕著なのが女性に対する考え方です。なる言葉がする昔からあけすけに告白しています。


<僕が思うには、男は人おったら、そうやなあ、70人か80人くらいがアホですよね。女はね、95人アホですね、うん。(中略)おもろい女いますか? こいつ、ほんまおもろいわって女。

天然とかでなくて、ちゃんと計算して、フリもきっちりできて。そんなヤツいませんもん。なぜかというと、性欲がないからじゃないですか。つきつめていったら、笑いと性欲はつながってんじゃないかと思いますけどね。>(p.14-15)




 これこそ、の芸と人格が表裏一体であることを認めた発言だと言っていいでしょう。自己と他者を上か下かの関係でしか判断できない思考法。笑いのの有無のみで人の優劣を決めることに何のためらいも感じていない様子からうかがえます。


 しかも、その「笑いの」自体、松本個人の中でしか完全にものなのに、異論を寄せ付けない頑(かたく)なさがある。


 自らの才能に対する病的なほどの自信とこだわりを持っていると感じる理由です。


◆「オレの才能はこいつのたかだか倍か」芸と人格が深く依存

広告

 対女性以外でもこんな発言がありました。


<たとえば、「なんじゃ、こいつ」ぐらいのヤツに比べて、僕の収入が倍やったとしましょうよ。でも「オレの才能はこいつのたかだか倍か」と思うんですよ。>(p.)



 傲岸不遜(ごうがんふそん)。強烈なの根拠となっているのが、確固たる自己認識なのですね。


<笑いということについて、「誰もやったことのないことをやろうとしている」って、これだけ言ってますよね。>(p.)


 つまり、の本分は、唯一無二かつ孤高であること。他にのです。それをやなどの芸と、思想や哲学を包み隠さずに語る“私人”としての両面から固めていった。


 いわば、芸と人格が深く依存しあうことによって生まれた特異な、それがだったのです。


 自らを特別な存在、ワンだと語る松本の言葉はさらに続きます。


◆「俺は人とは違うんや」殺害事件の犯人にシンパシーも
<やっぱりね、「俺は人とは違うんや」というのが、まずあるわけですよね。俺自体、人と違うのに、その俺を助けられる人間っていないと思うんですよ。>(p.)


<で努力してるヤツいますか。矢面に立ってるヤツ。>(p.24)


 他者とは違う、もっと言えば、他者から抜きん出た存在であるとの認識が、個性を持つことへの歪(ゆが)んだ傾倒にあらわれている点は見逃せません。


“自分はの生まれ変わりなのではないか”と語るところはご愛嬌としても、次の発言にはを覚える人も多いのではないでしょうか。




 神戸の殺害事件の報道について、中継先でをして映り込むふつうの人たも、犯人にシンパシーを抱く理由をこう語るのです。


<こんなこと言うとかもしれへんけど、犯人の方がまだ好感もて。いや好感もてる言うたらな、けども……、まだ自分もってるだけマシなんかなと思ってしまうんですよ。(中略)でも僕は、自分をもってないということを人以上に恥ずかしいことやと思う人間なんですよ。だから、自分を持っているということだけので言うと、彼の方が長いですよね。>(p.98)


 よく活字になったなと思うぐらい危うい発言です。これも、松本が論理の飛躍を自覚しているのではなく、むしろ自らに課したが呪縛となり、本質を見誤っているのではないかと感じるのです。


◆自分の「笑い」をヤツは「アホ」。だが強者になれなかった
 このように、女性は“アホである”と公言する人物は性をどのように取り扱うのでしょうか? 身勝手かつ稚拙(ちせつ)な女性像を介した性と笑いがつながっているのだとすれば、の「笑い」とは何なのでしょうか?



『定本・一人』 自分以外は「アホ」、自分の「笑い」をヤツは「アホ」。そうした「笑い」の中に、誰にも譲れない個性や自我が存在すると感じているのだとしたら、そのはな原動力たり得たのでしょうか?


 そもそも、それは松本が考えるように、彼に勝利をもたらしたのでしょうか?


 つまり、当時私達が圧倒的強者として見ていたとは、実はその逆で、完全なるに突き動かされていたのではないかと考えられるのですね。


 本来、自分はもっと世の中に認められてしかるべきだ、という欲望を持ちつつも、それを正当な言動によっては成し遂げることができない、弱者のひがみと言ったら言い過ぎでしょうか。


 しかし、には決定的な鬱屈が巣食っているように見えるのです。


◆「ほめられたことない」満たされずに唯我独尊に乗っ取られ…
<僕が死んだら、どんなふうに書かれるんでしょうね。生まれながらのですから。ほめられたことないですから。それでも死んだらくさされへんから、

ぐらいええこと書いてくれるんかなあ。>(p.)



は、こうした満たされなさを逆手に取り、を書き換えることで、の覇者になりました。その事実は揺らがないし、革命的でもありました。


 一方で、唯我独尊のパブリックに本人が乗っ取られてしまった可能性はないでしょうか?


“はワンであり、その人物が生み出す笑いも同様に他の何物にも影響を受けていない、全く新しいものである。それゆえに、言動も圧倒的に個性的であらねばならない。”松本の性は、いわば極端に狭いの中で肥大していったのです。


 しかし、幸か不幸か、陰湿な世界観が共感を集め、信者が増えるほどは大きくなり、客観性は失われていきました。もともと他者性に欠けていたの言葉にとって、それはあまりにも危険な媚薬でした。


『愛』を読み返して、の破綻は必然だったのだと思いました。


<文/石黒隆之>


【石黒隆之】音楽批評の他、、、政治について執筆。『新潮』『』等に音楽評論を寄稿。『Number』等で取材の経験もあり。いつかで「」(春日八郎)を弾きたい。:



広告

引用元:https://news.nicovideo.jp/watch/nw14208279?news_ref=50_50,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

侍ジャパンに唯一勝った中日・髙橋宏斗投手の彼女が可愛すぎた!?始球式で共演も「ばっちり交際宣言じゃん」「羨ましいな」
2024/01/31
中村倫也、綾野剛が電撃婚前にしていた”仕事”が全く同じだった!?「佐藤健もしてるよね」「ファンが減るからってこと?」
2024/01/31
篠田麻里子、元夫は結局”カネ目的”だった?あっさりと終わった騒動に物議醸し出す?!「不倫は無かったというテイにした感?」「時系列わからん」「篠田さんの元旦那は胡散臭すぎる」
2024/01/31
木下優樹菜、電車の中で騒いだ次はセ〇シービキニ姿をまさかの迷惑過ぎる”公共の場所”で撮影し非難殺到?!「基本的には写真撮影NGですよね?」「ジムで自撮り痛いね」「やめてくれ」
2024/01/31
【悲報】ローラ、極太鼻毛が写り込む!?下からのアングルで失態か…「太くて立派なものが」「それもかなりの長さ」
2024/01/31
いしだ壱成、植毛手術成功でイケイケな現在。彼女は6人のモテ自慢…「養育費払ってる?」「元嫁と子どもが可哀想」
2024/01/31
工藤静香と木村拓哉に、驚愕の事実が明らかに…新たな子供の存在や実父の正体、8年前からの別居に注目!その妻の壮大な男性遍歴にも驚嘆
2024/01/30
大塚里香が松本人志から受けた「性加害」を10代の頃に告白…解散した「ダウンタウン」で浜田雅功の「ピン活動」の真相に言葉を失う…ヒカルの〝攻めすぎ動画〟に反応した芸人の驚き
2024/01/30
紅白歌手の熟年離婚原因に、両足の緊急手術が関係?水前寺清子の現在の病状に驚愕
2024/01/30
【衝撃】鈴木京香の長年の闘病「子宮がん」と事務所の偽り…現在の状況に胸が痛む…『王様のレストラン』の女優、長谷川博己との極秘結婚の真実に驚き!
2024/01/30