トイレの神様でブレイクした植村花菜が消えた理由…業界に見捨てられ8年経った現在・・・!
2024/02/27

広告

トイレの神様でブレイクした植村花菜が消えた理由…
業界に見捨てられ8年経った現在・・・




植村花菜さんと言えば、
2010年にトイレの神様が、大ヒットしました。
ギターを抱えて、切々と訴える曲調に感動した人が沢山いました。

その2010年の年末には、NHKの紅白歌合戦にも出場し、
植村花菜さんは、大人気となったのです。

トイレの神様があまりにも強烈なイメージだったせいもあり、

広告

その後の活躍が伝わってきません。

植村花菜が消えた3つの理由

植村さんは2013年にニューヨークで出会った、
ジャズドラマーの清水勇博さんと電撃的に結婚しました。

そして、植村さんは、2015年1月に難産の末、
男の子を出産されました。

そんな植村花菜さんですが
消えた理由は3つあると言われています。

消えた理由1.和田アキ子を怒らせた

植村花菜さんのトイレの神様は楽曲の時間が長く、
それを短くすることに難色を示し、NHKが特別扱いしたのです。

植村さんの曲だけを原曲通りの尺の長さにしたことに怒ったのが、
ゴッド姉ちゃんこと芸能界の大ボス・和田アキ子さんです。

消えた理由2.所属事務所の社長との確執

東スポ2013年2月2日に報じられた記事の内容では
植村花菜さんは2012年3月末で退所した所属事務所の社長との決別が
消えた、干された原因になったそうです。

消えた理由3.トイレの神様に続くヒット曲がない

実際はトイレの神様に続くヒット曲が書けないまま

広告


細ぞ外芸能活動を続けて来たという方がしっくりくるようです。

植村花菜の現在

植村花菜さんは個人レーベル
「Hanana Records」を立ち上げています。

芸名を「Ka-Na(カナ)」としてニューヨークを拠点に活動すると
ご自身のブログで発表されていました。

トイレの神様で大ヒット歌手の仲間入りを果たした植村花菜さん。

日本の芸能界を去り、ニューヨークを拠点に
名前も新たに出発しています。

今後の活躍に期待です。

ネットでの反応

・トイレの神様だけの、一発屋で終わったな・ミュージシャンって自意識が強いから問題あるよ。・事務所の社長と訣別したのは、ワガママだと言う事よ。・日本の芸能界では、活動するに無理があった

あなたにオススメの記事

⇒ 

広告

AD
記事