ラサール石井、櫻井よしこ氏の戦争関連発言「同じ過ちをおこさないと考えたことはないのか」
2024/01/23

広告

ラサール石井(2022年6月撮影)

お笑いタレントのラサール石井(68)が23日、自身のX(旧ツイッター)を更新。ジャーナリスト櫻井よしこ氏の戦争に関する投稿を受け、自身の考えをつづった。

櫻井氏は19日に、自身のインターネットテレビ番組の内容を紹介する際に「『あなたは祖国のために戦えますか』。多くの若者がNOと答えるのが日本です。安全保障を教えてこなかったからです。元空将の織田邦男教授は麗澤大学で安全保障を教えています。100分の授業を14回、学生たちは見事に変わりました」などと投稿し、物議をかもしている。

石井は櫻井氏の投稿を引用し「『祖国のために戦えますか』とは『死ねるか』ということ。でなければ『殺せるか』ということ。その問いを薄笑いした写真を添付するのはまことに恐ろしい。『二度と同じ過ちをおこさない』と考えたことはないのか。井上ひさしさんの芝居の一つでも観劇せよ」とつづった。

広告

AD
記事