記事
エンタメ・芸能
アニマル・癒し
ディズニー
生活・暮らし
人気・急上昇
新着
ライン・漫画
ジブリ
全部
    
手越祐也、音楽活動に手応え「右肩上がり」「2024年は満開に」 挑戦続けた2023年や東京ドームへの思いも語る
2024/01/23

2021年7月にソロデビューしてから精力的に楽曲をリリースし、ライブやツアーも多数開催している手越祐也。1月24日には同世代のさまざまなアーティストから楽曲提供を受けたミニアルバム『絆 -KIZUNA-』をリリースする。手越にインタビューし、同アルバムへの思いや制作裏話に加え、「1つでも多く新しいことにチャレンジした一年だった」という2023年について、そして「自分の活動が満開になる」と予想する2024年への意気込みを語ってもらった。

同世代のアーティストとのコラボに喜び

『絆 -KIZUNA-』に楽曲提供したのは、田邊駿一(BLUE ENCOUNT)、金井政人(BIGMAMA)、眉村ちあき、山田海斗・竹中雄大(Novelbright)、マイキ、井上竜馬(SHE'S)。手越が番組MCを務めるレギュラー番組『スペプラ手越』など、音楽を通じて出会ったアーティストが参加した。

手越は、純粋に音楽でつながったアーティストとのコラボレーションに喜びを感じている。

「損得感情ではなく、実際にパフォーマンスを見てくださったアーティストの方々が『ぜひ』と参加してくれたのはうれしいですね。僕の歌を聴いてくれた人たちが書いてくれたというのが、すごく大きいんじゃないかなと思います」

楽曲にはそれぞれのアーティストの特徴が色濃く出ており、自身の新たな魅力を引き出してもらったと語る。

「自分で曲を書いたり、普段よく書いてくださる方にお願いすると、安定はするけれど僕の歌の特徴や性格に偏ることもある。

広告

今回はそれぞれのアーティストの色が濃く出ていて、僕では書けない歌詞やメロディーラインになっているなと感じています」

「face to face」を手掛けた金井政人と「Lover」を手掛けた眉村ちあきは、レコーディングに立ち会ったそうで、「書いてくれたアーティスト本人に向けて、『この歌い方どう?』と聞きながら進めていくのは新鮮で楽しかったです」と振り返る。

そして、自身のレコーディング方法について、「思い浮かべる主人公によって歌い方が変わり、どんな曲でも必ず4種類か5種類のキャラクターを用意して歌うようにしている」と説明した上で、「金井くんとちあきちゃんに全部のパターンを聴いてもらって、どのキャラがイメージに合っているか意見をもらって決めました」と今回のレコーディングでのやりとりを紹介した。

歌の表現の幅はソロになってからより広がったという。

「音楽に触れている量が事務所時代とソロになってからでは桁違い。しかもグループだと全部自分が歌うわけではなく数行で自分の全能力をアピールしないといけないけれど、1人で歌う場合は1つの物語を自分で全部完結できるので、必要な能力値も変わってきます」

ファンも一緒に「音楽に対して研ぎ澄まされている」

また、寄せられた歌詞を見て、「僕とファンであるHONEYYY(ハニー)の関係を歌詞にしたアーティストが多い」と思い、そこに喜びを感じたという。

「『everlasting』も『My Own Beat』もそうで、この関係いいなと思って書いてくれたアーティストが多くて。

そういう風に、手越祐也とファンのHONEYYYの関係が光り輝いて見えているんだなというのはすごくうれしかったです」

そして、アルバムのタイトル『絆 -KIZUNA-』は、さまざまな人との絆を意味していると説明する。

「アーティストとの絆でもあり、俺とファンの絆でもあり、一緒にステージに立って支えてくれるバンドメンバーとの絆でもあり、関わってくれているすべての人たちが入っています。歌にして歌うと、感謝の気持ちをナチュラルに伝えられるので、すごく素敵なことだなと、レコーディングのときに改めて思いました」

2023年にファンとの絆を感じたエピソードを尋ねると、一緒に音楽に関して成長できていると感じられてうれしかったと語る。

「オーケストラコンサートや食事をしながらのライブなど、さまざまなライブをやってきて、みんなが音楽に対して玄人になってきたと感じています。ソロになってアーティストと胸を張って言える活動をしていく中で、ファンの人たちも音楽に対して目も耳も肥えてきているなと。いろいろなライブを提供し、このライブはこういう風に楽しんでほしいなと思いながら作っていますが、しっかりとその思いを汲んで反応してくれています」

2023年に初挑戦した、オーケストラの演奏に乗せて歌を届けるシンフォニックコンサートでは、スタンディングオベーションをしてくれたと言い、「アイドルのライブではそういう文化はないと思いますが、オーケストラだったら、ということで順応してくれているんだなと。ライブに応じて今までにない反応をしてくれているので、僕もファンもお互いに音楽に対して研ぎ澄まされているなと感じます」と語る。

広告

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20240124-yuyategoshi/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

侍ジャパンに唯一勝った中日・髙橋宏斗投手の彼女が可愛すぎた!?始球式で共演も「ばっちり交際宣言じゃん」「羨ましいな」
2024/01/31
中村倫也、綾野剛が電撃婚前にしていた”仕事”が全く同じだった!?「佐藤健もしてるよね」「ファンが減るからってこと?」
2024/01/31
篠田麻里子、元夫は結局”カネ目的”だった?あっさりと終わった騒動に物議醸し出す?!「不倫は無かったというテイにした感?」「時系列わからん」「篠田さんの元旦那は胡散臭すぎる」
2024/01/31
木下優樹菜、電車の中で騒いだ次はセ〇シービキニ姿をまさかの迷惑過ぎる”公共の場所”で撮影し非難殺到?!「基本的には写真撮影NGですよね?」「ジムで自撮り痛いね」「やめてくれ」
2024/01/31
【悲報】ローラ、極太鼻毛が写り込む!?下からのアングルで失態か…「太くて立派なものが」「それもかなりの長さ」
2024/01/31
いしだ壱成、植毛手術成功でイケイケな現在。彼女は6人のモテ自慢…「養育費払ってる?」「元嫁と子どもが可哀想」
2024/01/31
工藤静香と木村拓哉に、驚愕の事実が明らかに…新たな子供の存在や実父の正体、8年前からの別居に注目!その妻の壮大な男性遍歴にも驚嘆
2024/01/30
大塚里香が松本人志から受けた「性加害」を10代の頃に告白…解散した「ダウンタウン」で浜田雅功の「ピン活動」の真相に言葉を失う…ヒカルの〝攻めすぎ動画〟に反応した芸人の驚き
2024/01/30
紅白歌手の熟年離婚原因に、両足の緊急手術が関係?水前寺清子の現在の病状に驚愕
2024/01/30
【衝撃】鈴木京香の長年の闘病「子宮がん」と事務所の偽り…現在の状況に胸が痛む…『王様のレストラン』の女優、長谷川博己との極秘結婚の真実に驚き!
2024/01/30