学歴|上白石萌歌の大学は明治学院大学で留年?!出身高校・中学校の学生時代のエピソードもまとめ
2024/01/22

広告

こんにちは!あいです。

透明感があり、身近に居そうでいない独特の個性が光っている、女優の 上白石萌歌さん。

上白石萌歌さんは、2011年に開催された『第7回東宝シンデレラオーディション』であのさんを抑えて、過去最高の応募総数4万4120名の中から見事グランプリに選ばれました。

10歳での受賞は、史上最年少のグランプリだったそうです。

あんなに小さかった 上白石萌歌さんも、いまや立派な成人女性となりましたが、小学生の時から芸能界で活躍している萌歌さんは、ずっと学業と共に芸能活動を両立されてきました。

本当にすごいですね!

どうやって両立されてきたのか、そしてやはりこれまでの学歴・出身校も気になります。

そこで今回は、上白石萌歌さんの

・大学はどこで偏差値はどのくらい?

・出身高校や出身中学校はどこ?

・学生時代のエピソードは?

についてご紹介します。

サクッと読めますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね♪

Contents

上白石萌歌の大学のどこで学部?

上白石萌歌さんは、2018年4月に明治学院大学文学部芸術学科に進学されました。

2000年2月28日生まれの 上白石萌歌さんは、通常であれば2022年には卒業をする予定でしたが、報道にもあるように、お仕事が多忙なため、授業に出る事ができず、留年してしまったそうです。

広告

自身のラジオ番組で、このように明かしています。

多くの多忙を極める芸能人が大学との両立が難しくなり、中退してしまう人も多い中、 上白石萌歌さんは、辞めずに頑張ろうとしている姿に感銘を受けました。

萌歌さんは、大学の授業が楽しいそうです。

高校までの勉強と違って、自分の興味のある分野を追求し勉強することができる事が楽しくてたまらないのだそうです。

また、生徒同士で討論したりしているうちに問いがどんどん生まれていく感じが好きなのだそうです。

上白石萌歌さんが多忙な中、大学を辞めないで頑張っている理由は、両親のこんな言葉があるようです。

両親はどちらも教師で、 とにかく 「学びを止めるな」と常に言われて育ちました。

そんな両親の影響があり、大学で勉強をして、 仕事をする上でも学ぶ姿勢をとても大事にしているのだそうです。

上白石萌歌の学歴・大学の偏差値は?

上白石萌歌さんが通う、明治学院大学文学部芸術学科の偏差値は、 55と平均的な偏差値です。

ですが、やはり真面目に勉強しないと入れない偏差値の学校とも言えるでしょう。

文学部芸術学科って実際にどんな勉強をするのかピンとこない人も多いと思いますので、簡潔にお伝えすると、知識、理論、歴史について学び、芸術にまつわるコミュニケーションの在り方など幅広く探求していく学科なのだそうです。

広告

1年生の時は総合的に学び、2年生からは、『音楽学コース、映像芸術学コース、美術史学コース、芸術メディア論コース、演技身体表現コース、総合芸術学コース』の中から選択しさらに深堀して学ぶ事ができるそうです。

上白石萌歌さんが、明治学院大学文学部芸術学科を選んだ理由は、

と、今の仕事に直結する分野である事と、もともと倫理や社会が好きだった事を理由に挙げています。

上白石萌歌は語学力がすごい!

上白石萌歌さんは、父親の仕事の関係で 、小学校1年生の時から3年間、メキシコで暮らしました。

メキシコはスペイン語が公用語なので、 上白石萌歌さんは、日本語、英語とスペイン語を話す事ができます。

なお、大学では中国語を選択したそうです。

上白石萌歌の出身高校は?

上白石萌歌さんの高校は、実践学園高等学校へ通っていました。

実践は、渋谷区に実践女子学園と言う学校があって間違いやすいのですが、 上白石萌歌さんが通っていた高校は、中野区にある方の実践です。

上白石萌歌の高校時代のエピソード

高校時代は、友達にも恵まれ、進路に迷った時にもお互い相談し合ったりと、助け合える親友もできたそうです。

広告

一方、上記の通り、学業と芸能生活の両立は大変だったようですが、「今、頑張らないでいつ頑張るの?」と両親から言われて勉強を頑張ったそうです。

高校時代の仕事では、 じっくり役と向き合える時間がとれない事も多く、「期待にうまく答えられてないのでは」という不安で悩む事が多く、もがいていた時期でもあったそうです。

時に孤独を感じる事もあり、3年間がとても長く感じたのだそうです。

多感な時期に、役になりきる生活は、とてもきつかったのではないでしょうか。

また、この頃は、数多くの舞台の主演にも抜擢されていましたね。

16歳で演じた赤毛のアンの舞台では、楽しそうに演じていましたが、『夏休みの宿題を終えるメドが立っていない』と両立が大変そうでしたよ。

同年、放送されたキリンビバレッジ「午後の紅茶」のテレビCMでは、Charaさんの名曲「やさしい気持ち」を歌っていて、高校生とは思えない完成された歌唱力に加え、まるで天使のような歌声が素敵で注目をあつめていました。

このお仕事は、オーディションで勝ちとったそうですよ。

上白石萌歌の出身中学校は?

中学2年生の時に、お姉さんの萌音さんの高校進学と合わせて上京することになった 上白石萌歌さん。

中学校1年生までは、地元鹿児島の

2年生からは高校と同じ実践学園中学校へ進学しています。

上白石萌歌の中学時代エピソード

広告

芸能活動がスタートした小学校5年生から中学校1年生の時まえは、母が付き添って鹿児島から東京へ出向き、仕事をしていた萌歌さん。

そして、 中学2年生から父親だけ鹿児島に残して、姉の萌音さんと母親と共に上京しました。

上京したばかりのころは、東京の殺伐とした雰囲気に圧倒されたそうです。

また、上京するという時に、なぜか父親だけに「彼氏ができた」ことを報告した事があったそうです。

あ…彼氏が中学2年生ですでにいたんですね(*’▽’)意外とオマセさん(笑)

ちなみにその彼氏は、文通をやったりする関係で、学校以外で会ったりしたことはなかった、淡い思い出のようです。

上白石萌歌の出身小学校

上白石萌歌さんの出身小学校は、地元鹿児島市内の公立校の皇徳寺

「東宝シンデレラ」オーディションのグランプリを獲得したのが小学5年生の時で、きっかけは、最初はお姉さんの萌音さんだけがオーディションを受ける予定だったのですが、応募要項の年齢制限のところを見たら10歳から応募可能となっていた事で「姉が受けるなら私も受けてみよう」と思ったのがきっかけだったそうです。

両親はグランプリになると思っていなかったので、父はカメラで追ってなかったんですって(笑)

広告

この頃は、鹿児島と東京を行ったり来たりの生活で少し大変でした。しかし、環境が変わって新しい友人に出会えたことがうれしかった出来事だと明かしています。

なお、このオーディションでは、姉の萌音さんが審査員特別賞を受賞し姉妹揃って爪痕を残しています。

上白石萌歌の学歴と偏差値まとめ

学歴|上白石萌歌の大学は明治学院大学で留年?!出身高校・中学校の学生時代のエピソードもまとめ

姉妹で人気絶頂中の 上白石萌歌さんの学歴・出身校を、学生時代のエピソードをご紹介しました。

小学校から芸能活動を開始した 上白石萌歌さんは、地元鹿児島の小学校から、東京の実践中学・実践高校を経て、明治学院大学へ進学されました。

忙しくてなかなか学校へ通えない事から単位を落としてしまったのは残念ですが、来年こそは卒業できるように少し事務所と相談され、学業を優先する年があってもよいのかもしれませんね。

今後は、得意な語学や歌唱力を生かしてさらにご活躍されることと思います。

マイベストフォーユーはそんな 上白石萌歌さんを引き続き応援してまいります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

広告

AD
記事