新幹線復旧作業中に感電 作業員2人重軽傷
2024/01/23

広告

 一部区間で運転見合わせが続くの復旧作業が続く中、男性作業員2人が感電し搬送されました。

によりますと、すぎの線路上で架線の垂れ下がりが確認され、などが一部区間で運転を見合わせています。

消防局などによりますと、前、停止したの近くで復旧作業をしていたの協力会社の男性社員2人が感電し、やけどを負ったということです。50代の男性が重傷、40代の男性が軽傷です。

 2人は内の病院に搬送され手当てを受けています。()

広告

AD
記事