乃木坂46好き女子ゴルファー・菅沼菜々が激怒した「アンチ」の歪んだ誹謗中傷
2024/01/23

広告

 女子プロゴルファーの菅沼菜々が自身のnoteを更新し、SNSでの誹謗中傷について言及している。

 菅沼は10月22日に閉幕した「マスターズGCレディース」で優勝したことを報告したが、続けて「今回優勝よりも伝えたいこと」と切り出し「リプライや、dmに、否定的なメッセージが来ることが最近よくあります」と誹謗中傷が寄せられていると説明。「傷つく人もいることを知っていて欲しいです」と苦言を呈した。

 さらに怒りはこれだけでは収まらなかったようで、「アイドルとか言って調子に乗っている、勘違いしている、練習しろ、snsばっかり、等 色々来てますが。やめてください」「嫌いな人にわざわざエネルギー使わない方がいいと思います。アイドルが大好きで、アイドルっぽく振舞って何が悪いのでしょうか 色々な選手がいて、いいのでは無いでしょうか?」とまでぶちまけている。

 菅沼はもともと「乃木坂46」の大ファンで、テレビ中継でカメラに抜かれると、アイドルのように視線を向けてポーズをとりサービスすることもあった。今年8月にプロ6年目で念願のツアー初優勝を飾ると、「アイドルにな気った気持ちでやり切りました」とファンに向け堂々とコメントして大きな話題になった。

広告

 ゴルフライターが語る。

広告の後にも続きます

「彼女はこれまでにも自身のインスタグラムで乃木坂46のライブに招待されたことやメンバーとの集合ショットを投稿しており、『私も控えめにアイドルみたいになりたいなんて言ってますが。笑』などと綴っている。こうした発信が一部のアイドル好きを刺激し、歪んだ誹謗中傷を招いたようです。しかし、以前は目立った成績を残していなかったため『真面目に練習に取り組め』との声が大きかったものの、今年は2勝を挙げ確実に実力をつけている。今後、優勝争いに頻繁に絡むようになれば、自ずと誹謗中傷の声も無くなっていくんじゃないでしょうか」

 外野の声など気にせずゴルフ界のアイドルとして邁進してもらいたい。

(ケン高田)

広告

AD
記事