記事
エンタメ・芸能
アニマル・癒し
ディズニー
生活・暮らし
人気・急上昇
新着
ライン・漫画
ジブリ
全部
    
《20代最後の年・佳子さまの歩み》宮内庁の担当記者が語る29年前の誕生秘話、孫と対面され喜びを語った上皇ご夫婦と“無言”だった天皇皇后両陛下 | 週刊女性PRIME
2024/01/22

「ええ、あのおー、まあ、前回と同じように私に似て(います)……」

秋篠宮さまたちの表情やしぐさからわかる情報

が誕生した日の様子を映像であらためて確認すると、や上皇ご夫妻と取材する記者たちとの細かいやりとりやたちの表情、しぐさ、その場の雰囲気など、新聞や雑誌の記事からではうかがい知ることのできないたくさんの情報にあふれていて、とても興味深い。

 1994年12月29日、が生まれた後、皇居内にある宮内庁病院でと初めて対面した父・は長女・さんが生まれたときの様子と比べながら、冒頭のように笑顔で答えた。

「殿下、おめでとうございます」「可愛い赤ちゃんですか?」「どんな赤ちゃんですか」などと記者たちから矢継ぎ早に質問が飛ぶ中、「もう(を)お抱きになられたのですか」と尋ねられ「ええ」とだけ短く応じ、「はどんなご様子ですか」と体調を気遣う問いかけには「元気です」と語り、病院前から車に乗り込んだ。

 紺色のブレザーにグレーのズボン、えんじ色のネクタイ姿の彼は、車に乗る際に笑顔を見せ、記者たちに丁寧に会釈をした。

広告

 別の映像では同日の夕方にと眞子さん、上皇ご夫妻と長女、さん(当時は紀宮さま)、それに天皇、皇后両陛下(当時は皇太子ご夫妻)が相次いで病院を訪れ、を見舞う姿が。病院を出る上皇ご夫妻とさんを、と眞子さんが見送った。当時、3歳の眞子さんは、妹ができ、姉となったのがとてもうれしかったのか、病院内から飛び出してきた。その後も、1人で玄関ポーチをバタバタと音を立てて歩き回るなど、少しもじっとしてはいない。

「陛下、おめでとうございます」。記者がこのように声をかけると「どうもありがとう」と上皇さまは答えた。「赤ちゃんのご印象はいかがですか」との質問には「ええ、とても元気そうな」と話し、続けて、美智子さまが「元気そうないい赤ちゃんでした」と語り、笑顔を見せた。

「眞子ちゃんに似ていますか?」と聞かれた美智子さまは、とっさに眞子さんを目で追いかけるが、彼女はそばにおらず、跳び歩きながら車のところに行ってしまっていた。瞬間、記者たちから笑い声が起きて、上皇ご夫妻も笑顔を見せた。上皇ご夫妻とさんは同じ車に乗り、病院を後にしたが、眞子さんは「バイバイ」と、小さな手をさかんに振りながら車が見えなくなるまで見送っていた。

記者たちの笑いを誘った秋篠宮さま

を担当した医師の会見では、が生まれてすぐに「オギャー」と泣き、とても元気だったことが明かされた。母親が抱きかかえ、それからお湯で身体を洗った後、に母乳をあげたことなどを医師は説明した。

 '95年1月6日、が母親に抱かれて宮内庁病院を退院する映像を見た。玄関に医師や看護師がズラリと並び、2人を見送った。が付き添っていた。「のご様子はいかがでございますか」。このように記者から問われたが、ピンクのスーツ姿のは、はにかみながら笑顔を見せただけで直接、質問に答えることはなかった。「のことを何とお呼びしているのですか」。記者の問いかけに、今度はが 「今は『かこちゃん』と呼んでいます」と応じる。「眞子さまと似ていらっしゃいますか」と尋ねられた父親は 「そんなに似ていないんじゃあないですかね」と話し、記者たちの笑いを誘った。

との結婚('90年6月29日)の前から、'91年10月23日、眞子さんが誕生した後まで、私は宮内庁取材を担当する記者だった。長女が生まれ、見舞いに訪れたを、記者のひとりとしてやはり宮内庁病院前で取材した経験を持つ。それだけに、が生まれたとき、病院前で繰り広げられた

広告

と記者たちが受け答えする動画がとても懐かしく、記者たちはかなり緊張して声をかけていたことなどを思い出した。

 現在、は29歳で独身だが、が同じ29歳のときは、すでに結婚し2人の娘を持つ父親だった。そんな彼が'94年11月、29歳の誕生日を目前にした記者会見で記者から 「20代最後の一年を迎えるにあたっての抱負をお聞かせください」と尋ねられ、このように答えた。

「早いもので、あと一年で三十路の大台ということになるわけですけれども、今後も今までと同様にですね、頼まれたり、それから与えられたりした仕事を一つひとつ大切に務めていきたいと思っております」

秋篠宮さまが答えた佳子さまへの期待

 実は昨年11月、58歳の誕生日会見で、の今後の活動への期待について尋ねられたは次のように答えている。

「(略)やはりいろいろなところから声をかけていただいているわけですし、それぞれの、主催している人たちにとっては大変大事な催しが多いわけですね。ですので、引き続き一つひとつ、声をかけていただいた仕事に対して真摯に取り組んでいってもらいたいと思っております」

 29年前の発言とほぼ同じ内容で私は驚いた。の公的な活動に対する姿勢は若いころからブレることなく一貫している。

この姿勢は子どもたちにも受け継がれているだろう。今、に同じ質問を投げかけたとしたら、おそらく父と似たような答えが返ってくるに違いない。

出産後、天皇陛下と皇后雅子さまもの見舞いのため宮内庁病院を訪れたことは先に述べた。陛下と光沢のあるオフホワイトのスーツ姿の皇后さまが病院を後にするとき、見送りは1人だけ。映像で見る限り、このとき記者たちとのやりとりはなく、2人は無言で車に乗り込んだ。眞子さんが跳びはね、明るく和やかな雰囲気だった上皇ご夫妻たちとは対照的な見送りの光景である。

 当時、結婚して1年半が過ぎたが両陛下に子どもはなく、長女の愛子さまが生まれる2001年12月1日まで待たねばならない。'65年11月30日の誕生を最後に、天皇になる資格を持つ男の子が生まれておらず、男子誕生が長年、多くの国民に待ち望まれていたと前回、この連載で記述した。が生まれてもこうした状況は改善されなかった。に見送られる両陛下の静かな映像と重ね合わせながら私は、大きなプレッシャーがのしかかっていたのではあるまいかと当時の2人の心中を思いやった。

 29年前を動画で振り返ると、忘れかけていた思い出や記憶、感情などが意識の底から次々と浮かび上がってくる。

 そして、皇室の来し方や行く末について深く考えさせられた。

<文/江森敬治>

広告

引用元:https://www.jprime.jp/articles/-/30547,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

トイレの神様でブレイクした植村花菜が消えた理由…業界に見捨てられ8年経った現在・・・!
2024/02/27
侍ジャパンに唯一勝った中日・髙橋宏斗投手の彼女が可愛すぎた!?始球式で共演も「ばっちり交際宣言じゃん」「羨ましいな」
2024/01/31
中村倫也、綾野剛が電撃婚前にしていた”仕事”が全く同じだった!?「佐藤健もしてるよね」「ファンが減るからってこと?」
2024/01/31
篠田麻里子、元夫は結局”カネ目的”だった?あっさりと終わった騒動に物議醸し出す?!「不倫は無かったというテイにした感?」「時系列わからん」「篠田さんの元旦那は胡散臭すぎる」
2024/01/31
木下優樹菜、電車の中で騒いだ次はセ〇シービキニ姿をまさかの迷惑過ぎる”公共の場所”で撮影し非難殺到?!「基本的には写真撮影NGですよね?」「ジムで自撮り痛いね」「やめてくれ」
2024/01/31
【悲報】ローラ、極太鼻毛が写り込む!?下からのアングルで失態か…「太くて立派なものが」「それもかなりの長さ」
2024/01/31
いしだ壱成、植毛手術成功でイケイケな現在。彼女は6人のモテ自慢…「養育費払ってる?」「元嫁と子どもが可哀想」
2024/01/31
工藤静香と木村拓哉に、驚愕の事実が明らかに…新たな子供の存在や実父の正体、8年前からの別居に注目!その妻の壮大な男性遍歴にも驚嘆
2024/01/30
大塚里香が松本人志から受けた「性加害」を10代の頃に告白…解散した「ダウンタウン」で浜田雅功の「ピン活動」の真相に言葉を失う…ヒカルの〝攻めすぎ動画〟に反応した芸人の驚き
2024/01/30
紅白歌手の熟年離婚原因に、両足の緊急手術が関係?水前寺清子の現在の病状に驚愕
2024/01/30