7つ以上当てはまる人は危険?!「ストレス」の自己診断テスト
2024/03/27

広告

現代社会では、老若男女問わず多くの人が「ストレス」を抱えて生きています。

しかし最近5年間で、パニック障害、不安障害、躁うつ病、うつ病などの心理的不安症状の診断を受けた患者の増加率1位をすべて20代が占めていることが分かりました。

海外では、「パニック障害、不安障害、躁うつ病、うつ病患者の現況」といった調査資料が公開されました。

資料によると、不安障害などで診療を受けた患者数は合計170万5619人で、2014年の129万4225人に比べ31・8%増加し、各疾患別の増加率1位はすべて20代が占めていることが分かったのです。

これに対し国の議員は、「パニック障害、不安障害などの精神的な不安症状が悪化する場合、社会全般に与える影響は大きく、事前の予防と治療、ストレス管理が重要である」

広告

と強調しました。

それでは、現在あなたが感じているストレスはどのくらいなのでしょうか?

「ストレスのセルフチェックリスト」がありますので、どれだけ当てはまる項目があるかチェックしてみましょう。

1.月に2回以上深刻なストレスを感じる

2.いくら休んでも疲れが取れない

3.一日中不安、抑うつ、あるいは怒りを感じたことがある

4.最近、性欲の減退を感じたことがある

5.体重が簡単に増える

6.突然甘い食べ物、小麦粉料理が食べたくなることがある

7.記憶力や集中力が低下することがある

8.頭痛や肩、首の筋肉の緊張をよく感じる

9.消化不良、下痢、便秘などの消化器症状が頻繁に起こる

10.風邪や疲労、ヘルペスのようなウイルス性疾患によくかかる

当てはまる項目が0~3個の場合は正常であり、4~6個はストレス予備軍、7個以上はストレス状態にあるため、もしストレスが深刻であれば解消することができる趣味や方法を探してみましょう。

[著作権者VONVON /無断コピー、無断転載および再配布禁止(違反時の法的措置)]

広告

AD
記事