河合優実:1980年代風、デニムのレイヤードコーデ ウエーブのショートヘア、赤リップがアクセントに
2024/01/23

広告

 俳優のさんが1月19日、東京都内で行われた阿部サダヲさん主演の連続ドラマ「不適切にもほどがある!」(TBS系、金曜午後10時)の会見に出席した。主人公が1986年から2024年にタイムスリップする物語にちなみ、1980年代のファッションをモチーフにした衣装で登場した。デニムジャケットに花柄ブラウス、濃淡のあるデニムのスカートというレイヤードコーデ。アシンメトリーになったスカートの裾からちらりと美脚をのぞかせていた。

 髪はウエーブさせたショートヘアで、片方を耳にかけ、赤いリップがアクセントになった装いだった。

 ドラマは、宮藤官九郎さんのオリジナル脚本。舞台は1986年から2024年にタイムスリップした、昭和の体育教師で野球部顧問・小川市郎(阿部さん)が、コンプライアンスで縛られた令和の人々に考えるきっかけを与えていく模様を描く。河合さんは、市郎の一人娘で非行を繰り返す昭和のスケバン、小川純子を演じる。

 会見には、吉田羊さん、磯村勇斗さん、仲里依紗さん、坂元愛登さん、宮藤さんも出席した。1月26日スタートで、初回は15分拡大。

広告

AD
記事