見取り図・盛山、ドラマ初挑戦で苦労したのはセリフではなく… 「一番難しいなって」
2024/01/23

広告

22日放送の『見取り図じゃん』(テレビ朝日系)では、お笑いコンビ・の盛山晋太郎さんのドラマ撮影現場に密着。

盛山さんの意外な役者ぶりが明らかになりました。

■医師役に挑戦する盛山

ドラマ『グレイトギフト』(テレビ朝日系)に、医師の伊集院薫役として出演中の盛山さん。 今回は『グレイトギフト』側から撮影現場に密着するようオファーが。相方のリリーさんが密着ディレクターとなり、ドラマのメイキングを取材します。

リリーさんは早速、盛山さんに「難しいとことかある?」と質問。本格ドラマ初挑戦の盛山さんは「ドラマ初めて入って思ったのが、セリフ以外の部分」と、台本のト書き部分が難しいと答えます。

■「これが一番難しいんだなって」

盛山さんが苦戦しているのは、「(水筒を飲みつつ他のスタッフに首をすくめてみせる)」という仕草の演技。 盛山さんは「意外とセリフセリフってなりがちやん。だけど実は、しゃべってない時の動きとか顔の表情、これが一番難しいんだなって勉強になった」と言います。

そこで、いったんリリーさんと2人で該当シーンを練習してみることに。しかし、盛山さんはわざとらしく首を左右に振りながら水筒を飲む仕草をするだけ。リリーさんから「そんなことせんよ」とツッコまれてしまい「いや俺も初めてやるかんで」「舐めんなよお前」と反論する展開に。

広告

■監督にダメ出しされるも…

いよいよ迎えた撮影本番では、リリーさんが本橋圭太監督の背後で盛山さんの演技を見守ります。 本橋監督から「(盛山さんは)いつもと雰囲気違います?」と聞かれると「違いますね。緊張感ありますね」「こんな表情しないです」と答えるリリーさん。

そして、いよいよ盛山さんが苦戦していた「(水筒を飲みつつ他のスタッフに首をすくめてみせる)」の撮影に移ります。 テスト撮影ではぎこちない演技になってしまい、本橋監督からも「ちょっと硬いよね」とダメ出しが。 そこで、本橋監督自ら盛山さんに演技指導をします。

すると、盛山さんはしっかり監督の意図をくみ取ったようで、一気に演技が自然になり一発OK。伊集院薫という“調子乗りキャラ”をワンカットで表現することに成功しました。

■「想像以上に盛山さんが俳優でかっこよかった!」

撮影終了後、リリーさんが本橋監督に盛山さんの演技の感想を聞くと「すごくいいですよ」「俳優さんとは違う雰囲気があって」と絶賛。また、普段は関西弁の盛山さんですが、ドラマでは「標準語も全く違和感なく」話せているそうです。

リリーさんが「これからも俳優としてやっていけそうですか?」と聞くと「ぜひ!」と太鼓判を押す本橋監督でした。

放送終了後、ネット上では「ドラマの裏側を見るとますます楽しみになるしドラマのファンになっちゃうな」「伊集院先生ずーっと水筒持ってる気になるww何かあるんだよねきっと!」「ドラマ密着想像以上に盛山さんが俳優でかっこよかった!」との声が上がっています。

広告

AD
記事