手術で休養の諏訪部順一が仕事復帰報告
2024/01/22

広告

手術を受け休養していた声優の諏訪部順一が22日、ブログで仕事復帰したことを明かした。
諏訪部は、「本日、仕事復帰いたしました!昨年の仕事納めが12月30日でしたので、トータルすると実に22日間。これほどの期間、声の仕事をお休みしたのは、デビュー以来 初めてのことです」と報告。「手術、そして入院中、医師や看護師、看護助手の皆様には本当によくしていただきました」と医療スタッフへ感謝をつづった。
また、これまで明らかにしていなかった病名について「耳下腺腫瘍(しゅよう)」と公表した。「耳の前から下にかけてのあたりに位置する『耳下腺』(唾液を産生、分泌する部位)に出来る腫瘍で、10万人に1~3人くらいの確率で発症するものとのこと」と解説。「時間経過とともに徐々に大きくなり、放置しておくと悪性(がん)化する可能性もあるので、外科手術によって摘出した方が良いと医師から助言がありました(自然治癒はせず、薬の服用など内科的なアプローチで治るものでもないので)」と説明した。
術後の経過は順調といい、「きれいにしっかり摘出できた腫瘍の病理検査の結果も『良性』。見立て通り、継続治療の必要なしとの診断も出ました」と伝え、「ふたたび真摯に仕事と向き合い、これまで以上に愛と情熱を込め、ひとつひとつ頑張っていきたいと思います」と意気込みを記した。

広告

AD
記事