木梨憲武、シワは人生の年輪 ますます魅力的な愛のある顔に:顔相鑑定(243)
2024/01/22

広告

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は、お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武さん。放送中のドラマ『春になったら』(カンテレ・フジテレビ系)では、女優の奈緒さんとW主演で親子役を務めています。

“3カ月後に結婚する娘”と“3カ月後にこの世を去る父”が、「結婚までにやりたいことリスト」と「死ぬまでにやりたいことリスト」を実現していく姿を描いた、笑って泣けるハートフル・ホームドラマ。

木梨さんの連続ドラマ主演は、1999年放送の『小市民ケーン』 (フジテレビ系)以来、24年ぶりで大きな話題となっています。

■あたたかい空気をつくる顔

明るく人情味にあふれるお顔です。「この人がいるだけで楽しくあたたかい空気が出来上がる」、そんな顔をしています。

この顔によって「泣けるけども笑いもある」ドラマになっていて、この役に木梨さんをキャスティングしたプロデューサーはさすがだと思いました。

61歳にして今なお子供のような「つぶらな瞳」が印象的で、純粋な心を持ち続けているのがわかります。さらに加齢によって出来た目の周辺のシワによって、より人間味のある魅力的な顔になってきました。

■額に出来た美しいシワ

他にも人生の年輪を感じされるシワが数多く見られ、お顔を見ているだけで心があたたまり、優しい気持ちになれる「愛」のある顔をしています。

観相学では額のシワを「紋(もん)」と呼ぶのですが、木梨さんは額が狭いながら横ジワが3本きれいに出来ています。

広告

目上の人から可愛がられ、下の世代からは慕われ、自ら人生を切り開いてきた人です。

ただ、若いうちから額の横ジワが多く出来る場合は、年越し苦労の多い人と見ます。

■鼻の穴が大きくて活力がある

表情がとても豊かな人なので両方の眉頭にシワ、眉間の真ん中にもシワが出来ています。

深刻に考え過ぎたり、怒りの多い人に出来やすいシワではありますが、木梨さんの場合は、眉間を開く表情が多いため、ネガティブな感情の蓄積によるものではありません。

鼻先の肉付きがとてもいいので健康運にも恵まれていますし、鼻の穴が大きくて活力もあり、この先もバリバリと活躍しそうです。

■親分肌で面倒見がいい

鼻の穴が大きい人は、声量が大きい傾向があります。歌手としては、いろんなユニットやグループで過去3度『NHK紅白歌合戦』に出場している木梨さんですが、ソロシンガーとしての出場もあるかもしれません。

鼻の下(人中)が広くてもっこりしている顔相は、冷静で温厚な性格を表します。親分肌で面倒見がいいタイプなので、若い人から慕われます。

俳優、歌手、そして趣味を活かした活動など、息の長いタレントさんになることでしょう。

■執筆者プロフィール

池袋絵意知:観相家、顔研究家、顔面評論家。 出版社、人材総合サービスを経て顔研究の道へ。著書に『1分で見抜け!顔やしぐさでわかる本当の性格』(明日香出版社)『顔相恋占い』(池田書店)『あなたは何顔美人?』(WAVE出版)など。日本顔学会会員、化粧文化研究者ネットワーク会員。個人鑑定・開運相談も行う。

★最新情報や写真鑑定のお申込みはをごらんください。

広告

AD
記事