藤岡真威人、天翔愛、天翔天音にとって“家族”とは…
2024/01/22

広告

俳優・藤岡弘、(77)の長女で女優の天翔愛(22)、長男で俳優の藤岡真威人(20)、次女でモデルの天翔天音(18)が22日、都内で行われた映画「アクアマン/失われた王国」ありがとうアクアマンイベントに出席した。
海の生物を操る能力を持つ、海底アトランティスの王・アクアマン(ジェイソン・モモア)が主人公の人気シリーズの最新作。今作では、南極の氷河に眠る邪悪な海底王国に、アクアマンが立ち向かう物語。
アクアマンの大ファンという真威人は、「元々、アクションものが大好きで、欠かさず(映画館に)見に行ってるんです。かつ海の生物も小さい頃からすごく大好きで、重たい魚の図鑑をどこに行くにも持ち歩いていた。好きなもの同士が融合したヒーローの作品はドンピシャで、1人で映画館に見に行って。見終わったらすぐに家族や友人に『面白いから絶対見に行け』と言いました」と熱弁。見どころなどを姉や妹が話し始めても、全てにカットインして“コメント泥棒”をしてしまうほどの“アクアマン愛”を見せていた。
今作では兄弟や家族の絆も描かれており、それぞれにとって家族とはどんな存在かという質問も。愛は「運命共同体」と回答し、「弟妹とはたくさんケンカもするけど、自分の人生の大切な場面で一緒にいてくれる存在」

広告

としみじみ。天音は「笑顔、エネルギーの源」とし、「私の家族は人数も多いから笑いが絶えなくて、仲も良い。仕事で落ち込んでも、家に戻って家族といると、笑顔になれてエネルギーをもらえる」と話していた。真威人は、「原点。この作品でも感じたんですが、最後に一番の味方になってくれるのは家族。気を使わず素の状態でリラックスして一緒にいられるのは家族だし、大人になって離れていっても縁はあるので、切っても切れない」と家族との深い関係性を明かしていた。
なお三女の藤岡舞衣(15)は体調不良のため、欠席した。

広告

AD
記事