記事
エンタメ・芸能
アニマル・癒し
ディズニー
生活・暮らし
人気・急上昇
新着
ライン・漫画
ジブリ
全部
    
新生ラストアイドル、名前継承もメンバー&コンセプト一新「目標は3年後に日本武道館」
2024/01/22

 2023年に誕生したアイドルグループ・新生ラストアイドルが今月28日、東京・青山DDDで定期公演をスタートさせる。22年に活動を終えたラストアイドルのプロデューサー・秋元康氏の思いを受け、グループ名を継承。だが、メンバーもコンセプトも一新している。アイドル未経験の6人を含めた7人組。グループでは初となるインタビューで、各々が活動に懸ける思いを語った。(取材・文=福嶋剛)

 埼玉県出身の黒瀬梨花はピアノが得意な18歳。動物が好きで、家ではハムスターを飼っている。

黒瀬「私はファンのみなさんから『あざといね』ってよく言われます(笑)。でも、アイドルにはあざとさも必要なので、私は強みだと思ってどんどん伸ばしていきたいです。お父さん、お母さんの時代のアイドルさんはよく『ぶりっ子』って言われていたそうなので、私は『令和版“あざとい”ぶりっ子』を目指します。幅広い世代のみなさんに好きになってもらえるアイドルになりたいです」

 園田一花は北海道出身の16歳。メインボーカルを担当し、ツインテールが特徴だ。

園田「私は初めてアイドルをしています。小さい頃からアイドルが大好きでしたが、北海道の田舎で育ったので、今までライブには1度も行ったことがなくて、新生ラストアイドルに入ってからは毎日、『すごいな』って感動したり、驚くようなことがたくさんあります。インタビューも今回が生まれて初めてです。緊張すると、全部顔に出てしまい、初めてのライブは顔がカチカチでした。

広告

これから自然な笑顔を見せられるようになりたいです」

 西村瑠香は東京都出身でグループ最年長の22歳。秋元氏と佐久間宣行がプロデュースしていたテレビ東京系青春バラエティー番組『青春高校3年C組』のクラスメート(出席番号7番)を経て、グループに参加した。どんなものでも、興味を持ったら収集するのが趣味だという。

西村「『青春高校3年C組』の頃は最年少でしたが、新生ラストアイドルでは最年長。な頼りがいのあるメンバーを目指し、頑張っていきたいと思います。いろんなものを集めることが大好きで、最近はお菓子作りの材料にハマっています。イチゴとか星形とか……いろんな種類のチョコチップを眺めているだけで癒やされます」

 橋本珠里は、京都府出身の16歳。グループには7人目として加わった。抜群ダンス力でアクロバットが得意だ。

橋本「倒立ブリッジをして起き上がるみたいな転回が得意なんです。でも、私はアイドルのパフォーマンスでアクロバットをやる人を見たことがないので、挑戦してみると面白いかも(笑)。これからも得意なダンスを伸ばしていきたいですが、周りから『お笑い担当』と呼ばれています。関西出身なんで、自分では『普通』と思っていたんですけど、もっとみなさんに笑ってもらえるようなメンバーでいたです」

 早藤李紗は、英語堪能な神奈川県出身の18歳。中学生の頃からインターナショナルスクールに通っていたバイリンガルだ。

早藤「メイクが大好きで、最近は韓国のコスメにハマっています。

今年はどんどん活躍の幅を広げていきたいです。そのためにパフォーマンス力とクオリティーを上げていけるように努力しています。私たちの魅力が伝わるように活動していきたいです」

 古松華は大阪府出身の17歳。園田とともにメインボーカルを担当し、ダンスも得意だ。また、橋本と同じく関西出身ならではの面白トークも持ち味だ。

古松「ずっとバレエをやってきました。キレッキレなダンスというより、キレイキレイなダンスです(笑)。面白Tシャツを集めるのが趣味で、この前、前歯2本がめっちゃ長いウサギのイラストに『歯』って書いてあるTシャツを着ていったら、みんなにウケました。あと、ちっちゃい頃から肩の関節を外せてフニャフニャになるので、それを特技にさせてもらってます(笑)」

 吉原琉音は神奈川県出身の16歳。メンバーの中で最も小柄で物静か。それでも、初インタビューで「今の自分」を正直に語った。

吉原「私はメンバーの中で一番ダンスと歌が苦手です。なので、足を引っ張らないように頑張っていきたいです。それと『これが得意です』というものが見つからなくて、今はほっぺたをすごく伸ばせることくらい(笑)。普段は映画を見るのが趣味で映画館に行くのも好きなんです。友情ものとか感動する映画が大好き。中でも『僕のワンダフル・ライフ』は何度見ても感動しちゃいます」

 フレッシュな7人が集まり、新生ラストアイドルが始動した。結成したばかりだが、今のグループについて西村と黒瀬が語った。

広告

黒瀬「私たちは、去年の9月にデビューさせていただいたばかりです。まだ知らない方もたくさんいらっしゃると思いますが、自己紹介にもあったように7人全員がとっても個性豊かなんです。なので、もっとみんなの個性を出して新生ラストアイドルらしさを全員で作っていきたいです」

西村「全員でパフォーマンスをもっともっと高められるようになりたいです。ライブも配信もみんなで頑張って、いろんな人に新生ラストアイドルを知ってもらたいです」

 昨年12月24日には、2作目となる配信シングル『I LOVE YOUをキミに』をリリースした。

西村「とっても女の子らしいかわいい曲です。MVでは、私たちの後ろでバンドメンバーさんが演奏しています。今回はそんな『かわいい』と『カッコいい』が混ざったような衣装も特徴なんです」

早藤「『I LOVE YOUをキミに』は、新生ラストアイドルにとって初めてのラブソングです。今までと曲調が違っていて私たちの新たな一面を見せることができました」

古松「私は歌詞に注目してほしいです。今までリリースしてきた曲は私たちの未来とか今の心境を歌詞にしていただいたのですが、(早藤)李紗も言ってくれたように今回は恋愛の曲です。なので、『いつも横目で追いかけて♪』とか『少しだけ髪も切ったの♪』とかの歌詞が、とってもかわいくてキュンキュンしちゃうんです。そして、歌詞の物語がハッピーエンドで終わるのか、それとも相手に思いを伝えきれずに実らない恋で終わるのか……聴いた人によって印象が変わるような曲です。

それも楽しんでいただきたいです」

園田「衣装にも注目してほしいです。今回は黄色と水色の爽やかな色合いで、とってもかわいいんです。特に袖の部分のスニーカーの紐みたいなワンポイントが私のお気に入りです」

吉原「私は振り付けの注目ポイントを紹介します。サビの振り付けがとってもかわいくて、猫パンチみたいにグーにしてもらうだけなんです。とっても簡単なので、ライブで一緒に踊りましょう」

黒瀬「ぜひ、MVを見てほしいです。今バンドのみなさんとパフォーマンスしていて、撮影中、私たちも楽器を演奏してみたりでした。カメラを持ってお互いに撮り合ったりするシーンもあるので、私たちの表情にも注目です」

橋本「私もMVを注目ポイントに挙げたいです。ちょっと大人っぽい振り付けにも挑戦していて、きれいに写る角度を自分で研究していました。メンバーそれぞれが工夫しながら動いているので、そこも見てほしいです」

 2024年を飛躍の年にするため、7人は誓いを込めて目標を語った。

吉原「私は独特とか天然とか言われることが多いので、この1年でしっかりとキャラを確立していきたいです」

古松「1年後の私は腹筋もバキバキに割れていて、ダンスもキレキレでめっちゃかっこよく歌える完璧な女性になっています」

園田「ファンみなさんといっぱいお話をしたいので、イベントにもたくさん出たいです」

橋本「得意なダンスを生かして、TikTokにダンス動画をどんどんあげたいです。

『新生ラストアイドルの橋本珠里』を知ってもらえるように挑戦していきたいです」

西村「みんなの頼れるお姉さんを目指します!」

黒瀬「1年後には、みんなに『令和版“あざとい”ぶりっ子』って覚えてもらえるように個性を極めたいです」

早藤「私はこのメンバーで歌番組とかトーク番組に出演することが目標です。今年1年かけて、『私らしさ』をファンのみなさんに発信していきたいです」

 最後にメンバーそれぞれの印象を動物に例えてもらった。

吉原「(黒瀬)梨花はペンギンです。かわいらしさが、『動きにも出ているな』って思います」

黒瀬「初めて言われました(笑)。じゃあ、(園田)一花は」

古松「ウサギとか猫とか、自由な小動物っぽい感じがする」

園田「ちょっと恥ずかしい(笑)。(西村)瑠香は」

古松「ナマケモノっぽい(笑)」

全員「(笑)」

西村「ちょっと! でも、寝ることが大好きだから(笑)」

古松「(早藤)李紗は賢そうな動物だよね」

黒瀬「フクロウかな」

早藤「ホントに(笑)。じゃあ、珠里は」

園田「俊敏なので……ミーアキャット」

橋本「ミーアキャットって、立ち上がった時の顔がかわいいよね。(古松)華は」

園田「さっき、思いついたんだけどインコっぽい」

古松「アハハ(笑)。昔ミュージカルで鳥の役をやったことがあるの。じゃあ、新生ラストアイドルも羽ばたきますから(笑)」

西村「3年後、日本武道館でライブをすることを目標にみんなで頑張ります! 応援よろしくお願いします」

□新生ラストアイドル「ラストアイドル」をプロデュースした秋元康氏の思い受け、「ラストアイドル」の名前を継承。だが、これまでのイメージを塗り替える新しいアイドルグループとしてゼロからスタート。プロデューサーはAKB48の新グループなどを手掛けてきた一ノ宮佑貴氏が担当。2023年に「新生ラストアイドル」として非公開オーディションでメンバーが選ばれ、同年9月に配信シングル『未完成スターライト』でデビュー。メンバーは、黒瀬梨花、園田一花、西村瑠香、早藤李紗、古松華、吉原琉音、橋本珠里の7人。

公式サイト:

【写真:舛元清香】

広告

引用元:https://encount.press/archives/573707/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

トイレの神様でブレイクした植村花菜が消えた理由…業界に見捨てられ8年経った現在・・・!
2024/02/27
侍ジャパンに唯一勝った中日・髙橋宏斗投手の彼女が可愛すぎた!?始球式で共演も「ばっちり交際宣言じゃん」「羨ましいな」
2024/01/31
中村倫也、綾野剛が電撃婚前にしていた”仕事”が全く同じだった!?「佐藤健もしてるよね」「ファンが減るからってこと?」
2024/01/31
篠田麻里子、元夫は結局”カネ目的”だった?あっさりと終わった騒動に物議醸し出す?!「不倫は無かったというテイにした感?」「時系列わからん」「篠田さんの元旦那は胡散臭すぎる」
2024/01/31
木下優樹菜、電車の中で騒いだ次はセ〇シービキニ姿をまさかの迷惑過ぎる”公共の場所”で撮影し非難殺到?!「基本的には写真撮影NGですよね?」「ジムで自撮り痛いね」「やめてくれ」
2024/01/31
【悲報】ローラ、極太鼻毛が写り込む!?下からのアングルで失態か…「太くて立派なものが」「それもかなりの長さ」
2024/01/31
いしだ壱成、植毛手術成功でイケイケな現在。彼女は6人のモテ自慢…「養育費払ってる?」「元嫁と子どもが可哀想」
2024/01/31
工藤静香と木村拓哉に、驚愕の事実が明らかに…新たな子供の存在や実父の正体、8年前からの別居に注目!その妻の壮大な男性遍歴にも驚嘆
2024/01/30
大塚里香が松本人志から受けた「性加害」を10代の頃に告白…解散した「ダウンタウン」で浜田雅功の「ピン活動」の真相に言葉を失う…ヒカルの〝攻めすぎ動画〟に反応した芸人の驚き
2024/01/30
紅白歌手の熟年離婚原因に、両足の緊急手術が関係?水前寺清子の現在の病状に驚愕
2024/01/30